MITANI CORPORATION RECRUITING 2007 採用ホームへ 三谷商事ホームへ
三谷商事株式会社
CONTENTS MENU
創業92年。ベンチャーです。【事業内容】
職種別採用の理由【事業内容と採用データ】
9年連続増益、無借金経営企業【会社概要】
実力主義。放任主義。【人事・教育制度】
先輩メッセージ【未来のライバルたちへ】
WEBパンフレット
ENTRY
就職活動記2013(2012年内定者)
青木麻里子 立命館大学情報理工学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 私が就職活動において軸にしていたのは、「地元(福井)企業」「商社」「IT関連」の3つです。地元が福井県で、県外の大学に進学したのですが、Uターン就職をしようと考えていました。商社に興味が湧いたのは、単純に商社に就職した先輩の話を聞いて楽しそう、やりがいがありそう、と思ったからです。大学時代に身に着けた英語力を生かせるかも?と思ったのも1つの理由です。また大学で情報工学を専攻していたため、ITへの関心も高かったです。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 地元企業ということで、就職活動以前から知っていました。建材を扱っている、というイメージが強かったのですが、画像処理ソフト開発など情報分野の事業が面白そうだな、と思いエントリーに至りました。また、合同説明会で初めてブースを訪問した時、会社説明や社員の方のお話を聞いて「この会社、面白そう!!」と強く思いました。その頃から志望度は高かったです。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 地元福井の優良企業、という認識でした。合同説明会でブースを訪問し、パンフレットやHPを見るようになってからは、個性的な会社、という印象が強かったです。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 説明会ではどの方も気さくで、前向きで、質問にも本音で丁寧に答えて下さいました。社員の方とお話ししていて、仕事に対するモチベーションが高いなぁ、と感じました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどのような状況でしたか?(当社・他社も含めて)
A5・ 選考がスタートする前は、合同説明会や企業単独説明会などに積極的に参加して1つでも多く企業を知ろうと心掛けていました。その中で、自分に合いそうな企業を見つけて10社ほど選考を受けました。数多く受けるというよりは、1社1社しっかり企業研究して選考に臨む、というスタイルでした。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ ES提出の時点からずっと第一志望だったのですが、選考が進むにつれて「此処で働きたい!」という気持ちが高まっていきました。面接のたびに物凄く緊張していましたが、この会社でやりたいこと、どんなところに魅力を感じているのかが自分の中で明確だったので、自然体で受け答え出来ていたと思います。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・ バッティングすることはありませんでした。バッティングしないように意識的にスケジュールの調整をしていました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ とにかく嬉しかったです。第一志望だったので、達成感でいっぱいでした。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 内定を頂いて即決でした。1番の決め手は、頑張っただけ評価してもらえる環境です。この会社なら、常に高いモチベーションを持って働けそう、と思ったからです。選考中にIT企業やメーカーから何社か内定を頂いていたのですが、第一志望として揺らぎませんでした。自分の「ここに行きたい」という気持ちを優先して良かったと思っています。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 自分は何がしたいのか、ここは譲れない、など自分なりの企業選び、仕事選びの軸を持って臨んで下さい。自分に自信を持って、自分の意志で決断して、行動することが大切だと思います。また、就活を終えた先輩などに相談したりESを見てもらったり、頼ることも大切だなぁと感じました。自分の見えてない視点からアドバイスや意見をもらえます。がんばってください!!
安藤大地 早稲田大学政治経済学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 特に「これだ!」という業界や職種はありませんでした。小さくまとまらずに、自分が自分らしく働き、成長できる環境がいいなと思っていました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 1月に行われたリクナビの合同説明会で、物凄いインパクトのある「勝手にしやがれ」というキャッチフレーズに目をひかれブースを除くと、知り合いの先輩が内定者として話をしていて、二重でびっくりしました。そこから興味を持つようになり、自分に合いそうな雰囲気でもあったのでエントリーする事にしました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 「勝手にしやがれ」「センターフライをキャッチャーが取りに行く会社」という言葉から、良い意味での自己中心的な人が多いのかなと勝手なイメージをしていました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ Web説明会・リアル説明会を通じて、社員の皆さんが活き活きしていてなおかつ面白く、そして三谷商事への愛社精神を持っているなと感じました。また本当に話しやすい雰囲気で、私にとっては居心地が良かったです。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 部活動との関係もあり、エントリーシート自体は20社くらいしか出しませんでした。さらに面接がシーズン前の忙しい時期だったこともあり、面接の練習をすることなく本番に挑むことが多かったのですが、全く思った通りに話せずに危機感を覚えました。そこからきちんと面接の練習も行いました。三谷商事の一次面接と二次面接の間が少し開いていたので、その間に他の企業でも面接の経験を積み、二次面接ではすこしまともになったと思います。やはり経験は大切だと思いました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 友人たちは金融系が多く、どんどん内定が決まっていくので非常に焦ってきましたが、自分は自分と割り切って自分の事だけに集中しました。また他の企業で面接をしていく中で、自分とは違うなと思ったところは自ら辞退して行きました。もともとも受けている企業自体が少なかったので不安もありましたが、自分が本当にそこで働きたいかと思ったときに少しでも懸念材料がある所では働けないと思い、絞っていきました。面接ではリラックスして楽しめるようになっていきました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ バッティングはありませんでした。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 午前に電話があったのですが、眠気が吹っ飛びました。そしてホッとして嬉しさも込み上げてきました。無性に叫びたくなりました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 私はベンチャー企業か三谷商事かで非常に悩みました。この二社は自分が本当に働きたい、そして自分が生き生きと働けると思えた会社でした。ベンチャー企業は採用人数も少なく正直厳しいのではないか思っていたので、余計に悩みました。しかし内定後に三谷商事で働いている大学の先輩と話をして、三谷商事も現在でもベンチャーである事、自分を求めてくれている事を感じ、自分にとって最高のフィールドはやはりここだと思い三谷商事に決めました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 助言になるか分かりませんが、就職活動中に出会った言葉を贈りたいと思います。『自分の力量に見合った仕事を求めてはならない。仕事に見合った力量を求めるべきである』(フレデリック・ブルックス) どんな風に働きたいのか、どんな社会人に成りたいのか考えは人それぞれだと思いますが、自ら考え行動し失敗を恐れず積極的に攻めながら成長をしていきたいという人にとって三谷商事は最高の環境だと思います。自分自身にとって一番いいのはどんな環境なのか、どんな人と働く事なのか、どんな仕事をする事なのか自分自身の答えをしっかり持ち、就職活動に挑んでほしいと思います。
後悔しない攻めの就職活動になることを願っています。
伊豫田一成 東京大学文学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 学者の道を諦め、就職活動を行おうとしたとき三菱商事に就職した先輩に、商社にむいていると言われ、その言葉を鵜呑みにして商社志望に。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 就活サイトでの一括エントリーでした。気づいたらエントリーされていました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 全く知りませんでした。「勝手にしやがれ・出る杭は伸ばす」とのメールが届き、胡散臭く思っていました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 楽しい。母校の男子校を思い出しました。元気いっぱいで、中学生のクラスのような印象でした。可愛い大人がいっぱいいました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 筆記はまず落ちませんでした。面接に進むと一気に大手全滅、専門商社もどんどん落ちていきました。最終まで進んだのは3社。その時点で内定を頂いていたのは、三谷商事さんだけです。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ ただただ楽しかったです。一番気楽(適当)に面接に望めました。就職活動に疲れた時に相談に来る、癒しの場でした。面接前の待合室が最高です。いつも笑わされていました。
会社に行って社員にあった分だけ好きになる、不思議な企業です。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ バッティングしないように調整していました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 「あ、ふぁい、ありがとうございます(あさはやいなー)」
寝起きでした。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ ネームバリューのなさ、扱っている商材の発展性、海外拠点の少なさ、五大商社と比べた時の待遇面などで、なかなか踏み切れませんでした。
内定を頂いた後も、実は会社に無理を言って、就職活動を継続し、何社か内定を獲得しましたが、三谷商事が自分を必要としてくれた企業でした。「君は東大っぽくない。難しいことを言わないからとる」と言っていただいたのも印象的でした。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 自分が大切なものをはっきりさせておくと良いのではないでしょうか。
それはネームバリューでも年収でも、仕事の楽さでも良いのです。面接官には嘘をついても良いですが、自分に対しても同じように嘘をついていくと、そのうち自分が困ってしまいます。皆さんが欲しいもの、大事なものはなんでしょう?
岩井啓倫 大阪大学法学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 当初は、出版・映像関係のプロデューサーになりたいと思っていました。出版であれば編集業務、映像であれば企画業務といえばいいでしょうか。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 私の出身地が福井県であり、また、大学進学時より三谷進一育英会の奨学生として支援を頂いていたため三谷商事のことは就職活動以前より知っていました。エントリーのきっかけとしては福井県の企業を受けておきたかったことに加え、支援して頂いた企業に就職し次世代の学生を育てることの一助になれればという思いもあったからです。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 地元で聞く評判のとおりたくましいイメージを抱いていました。また、予想外に事業の幅が広いことに驚いていたように思います。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ かなり私個人の印象となり申し訳ないのですが、大阪の説明会で地元の方言を聞くことができかなりほっとしました。また、他社と比較すると学生との距離が近く親しみやすい雰囲気で説明を聞いていた覚えがあります。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 僕はどういう人間なんだろう?と私自身の生い立ちから今に至るまでを振り返っていました。皆さんも今の自分の姿になるまでに大なり小なり様々なことがあったかと思います。その当時の自分が何を思ってその道に進んだのか、その道を選んだことが自分にどういった影響を与えどんな自分になったのかとても深く考えました。母、親しかった友人にも自分がどういった人間だった?と質問していました。結果、自ずと進むべき道、進みたい道といったものが見えてきたように思います。自分の本質的な部分というのは変わらないものだと思いますが、その点どのエントリーシートを作成する際にも共通して書いたものがありました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 出版・映像系の企業をいくつか受けていましたが選考の途中でどれもだめになっていました。第一志望群の企業が狭き門であることは重々わかっていたので割とすんなり次の企業をという気持ちへシフトしていった頃です。もちろん大変悔しかったですが、そこは踏ん切りをつけないと大変なことになるので。
ところで、三谷商事の選考では面接にたくさんの社員さんがいらっしゃいます。そういった中、社員さんらが面接直前まで談笑されていたので室内の雰囲気が明るくかなり楽な気持ちで話すことができました。会場によっては控え室等で社員さん、内定者さんが学生の中に混じっていろいろ話しかけてくれるところがあります。私はこのような雰囲気につつまれつつ選考を重ねる中で、この企業に勤めている方々同士の様子に惹かれ徐々に三谷商事への思いが大きくなっていきました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 先約がある場合は、「先約がありますので」と日時を変更して頂けるよう申し上げていたのでバッティングはありませんでした。説明会に関しては全く日程がかぶってしまったことはありませんが直前に時間を変更していただけるようお願いしたことがあります。このときは大手の銀行さんでしたがスムーズに対応していただけました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 心底ほっとしました。すぐに家族、知人に報告しました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ とある銀行から内定をいただいていましたが、前述のように選考を重ねるごとに三谷商事の社員の方々に惹かれていたので迷うことはありませんでした。また、私の学生生活を支えてくださった三谷進一育英会を通して次の世代の学生たちに貢献できると入社することを決意しました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 就職活動は自分の人生のある程度決めるとても大事なことですが、進路を決定するうえでは、家族をはじめとした大切な人たちの将来にも影響するものだということに留意して頂けたらと思います。自分の大切な人たちを蔑ろにする人はどのような形であっても真に社会で役割を果たせると私は考えていません。まだ誰を支えることもしていない私が偉そうなことを言ってしまいましたが、皆さんと一緒になって働けることを心よりお待ちしています!
上坂佳功 名古屋大学経済学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 就職活動当初は金融業界に興味がありました。法人や個人のいろいろな人と出会い、そこから自分にはない価値観を得たいと考えたからです。仕事を通じてよりたくさんの人の役にたつ仕事がしたいと思いました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 三谷商事の名前は学内の合同説明会で知りました。福井に本社があるということで、気になってはいました。就職活動の最初は商社を志望していなかったのですが、調べていくうちに興味がわきエントリーしました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 最初は北陸地方に展開している企業だと思っていましたが、パンフレットを読んで全国各地に展開し、海外にも支社があるということを知りました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 優しく接して頂いたので印象はとてもよかったです。質問会のときの雰囲気も和やかであり、親しみやすさを感じました。社員の方の仕事に対する意識も感じ、この雰囲気の中で一緒に仕事がしたいと思いました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 就職活動の最初は合同説明会に参加し、いろいろな業種の話を聞くようにしました。中盤では自分の志望理由を固めていき、業界の研究を行いました。金融業界も志望していたため、3月はリクルーター面接がほぼ毎日あり、移動や面接での緊張でけっこう大変でした。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 選考が進むにつれて緊張はしました。面接の時の面接官の多さに、面接会場に入ったときはかなり驚きましたが、多くの人材を割いて学生を見ようとしているのだと感じました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 説明会がバッティングした場合は、自分で別の時間帯の説明会に参加して調整できましたが、面接がバッティングした場合は片方を諦めました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 電話を頂いた時は、本当にうれしかったです。三谷商事からの内定が一番最初だったので、内定がもらえて一安心しました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 三谷商事に決めた理由は、パンフレットや説明会で知っていくうちに、自分の働くイメージができたからです。面接を通じて社員の方と話をして、このような先輩方がいるなかで働きたいと感じました。これらのことを一番強く感じたのが三谷商事だったのでこの会社に決めました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ いろいろな企業の方の話を聞いてください。同じ業界でも会社によって個性があり、自分が働きたいと思っていた企業よりももっと気になる企業が見つかるかもしれないです。
柁澤洋史 同志社大学経済学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 既存のものではなく、新しいビジネスやプロジェクトに関わりたいと考えていた。
若手の裁量が大きい環境で働きたいと考えていた。
大学ではファイナンスを学んでいたため当初は漠然と金融業界に興味があった。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 福井の企業だったので企業名は知っていたが何をしているかは知らなかった。12月の合同説明会に行ったときに三谷商事のブースがあり、話を聞いてエントリーした。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 『勝手にしやがれ』のパンフレットを見て実力主義を前面に出していたのでそのイメージが強かった。個性の強い社員の方が多そうだなあと思っていた。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 仕事のことや社員のことについて飾らずに答えてくれて会社についてイメージしやすかった。予想していたように個性の強い社員の方がたくさんいた。説明会で他社とは比較にならないくらい多くの社員の方がいてここまで力を入れているのかと驚いた。社員の方同士が話すのをきいてアットホームな雰囲気を感じました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ セミナーや説明会に多く足を運び、業界にとらわれずに自分の合いそうな会社にエントリーし、選考をうけた。
面接に慣れるために早い時期からから面接をしてくれる企業や変わった採用方法や面接をする企業も練習だと思って選考をうけた。しかしそういった企業は本心でしゃべることができず、面接が進むにつれて落ちて行った。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 面接に落ちて不安になることもあったが、マイペースに考え、なぜおちたか考え次の面接に備えた。
三谷商事の一次面接では自分の本心でしゃべることができて手ごたえがあった。二次面接や最終面接では集団面接だったので、周りに流されないように自信をもって面接に臨むようにしていた。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 三谷商事と他社のバッティングはなかった。4月上旬ではいくつもバッティングすることはあったがなるべく交渉してバッティングを避けた。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 他社の面接を受け終わって携帯を見たら、留守電が残っていた。まさか…とおもってかけなおしたら内々定の通知をうけた。
最終面接であまり手ごたえがなかったため、正直驚いたが、素直にうれしかった。就活を終わらせようと決心した。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 銀行や証券会社からも内々定をもらっていたが、実力主義の社風で自分を試したいと考え決めた。当初考えていた、新しいビジネスやプロジェクトを自分で手掛けるという仕事に一番近くたどり着けると考えた。
また人事の方からフィードバックを頂けたのも決め手になった。採用してくれた期待に応えたいと思った。三谷商事で内定を頂いて就職活動をやめた。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ いろんな会社の人と話せる貴重な機会なので、積極的に行動してください!とにかく説明会などに足を運んで、話を聞くことだと思います。
短い期間で自分の将来について決断しなければならないので大変ですが、後悔のないように楽しんでください!!就活を通して得られるものは大きいと思います。
鎌谷有紀 福井大学教育地域科学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 地元の企業に就職できたらいいなぁという感覚でした。周囲の人から営業職が向いてそうという助言を頂き、営業職中心に応募しようと考えてるくらいでした。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 所属していたサークルのイベントで知りました。エントリーしようとしたきっかけは、福井にある優良企業であり、働いている社員の方が生き生きしているところ、自己成長できる環境であるところに魅力を感じたからです。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 初めて人事の山本さんとお会いした時、会場の中で一番大きな声を出してお話していたことから、元気な会社なんだなぁという印象を持ちました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 声の大きな人事の方が多い会社という印象でした。
人事担当の方は、イベントなどで毎回必ず会いに行く私に笑いながらも丁寧な対応をして下さり、嬉しかったです!この場をかりてお礼申し上げます!!
説明会でお会いした社員の皆さんが、それぞれに目標を持っており、目標達成に向かって頑張っていること知り、一生懸命な姿に好感を持ちました。
特にお忙しいにも関わらず、OG訪問を受け入れて下さった先輩には非常に感謝しております。会社のことや私生活のことなど様々お話を聞くことができ、とても参考になりました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 県内企業を中心に受けていたため、初期から中盤にかけてはメーカーの選考が進んでいました。中盤にかけて金融業界の選考が始まり、連日面接が続く時がありました。
一日に2社の選考がある日などは時間に気をつけて行動するなど、一日中気を張っていたため、面接で顔に疲れが出ないように心がけていました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 選考が進むにつれて三谷商事に入りたい!という思いが強くなりました。
特に最終面接へ進む連絡がきた時は、信じられなくてビックリしました。しかしすぐに切り替えて、2次面接での反省を踏まえて対策を練り後悔ない面接をしようと思いました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 有難いことに御社の選考はどことも被ることなく終わることが出来ました。
他社の選考でバッティングした場合は、最初に予定が入った企業を優先しました。また予定変更の電話をかけたりしました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ やったーーーーー!!!!です笑
最終面接を受け終わった時に、「今日結果の連絡をすることはないから。」という説明を受けていたので、知らない番号から電話がきた時、気の抜けた声で対応してしまっていたと思います。いつ何時でも電話に出る時は、しっかりしようと決意しました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 地元の第一地銀と大手証券会社と三谷商事から内々定を頂いた時点で他の選考は全て辞退しました。
三谷商事に決めた理由は、地元の優良企業であることと自己成長できる環境が揃っていたことです。
他社とは、地元福井を離れることへの不安で悩みました。しかし自己成長するなら、いろんな経験を積むべきだと思い、三谷商事を選びました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ お祈りメールをもらったり、締め切りに追われて心に余裕がない時があります。
その時の気持ちの沈み具合や焦りはひどいですが、どんな事があってもめげずに最後まで頑張り続けることが大事だと実感しました。どんな時でも自分に自信を持って、笑顔で面接に臨んで下さい。
皆さんの就職活動が上手くいくよう応援しています。頑張って下さい!
河野真毅 九州大学経済学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 部活で主将を務めているので、あまり就活はせずに部活を優先し就職をする場合は先輩社員と楽しく騒げるような会社に就職したいなと考えていた。もし出会わなければ留年する覚悟でした。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 合同説明会で知り、人事の山本さんの体が大きく印象に残っていたためなんとなく記憶にあったのでエントリーした。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ パンフレットの表紙に書かれた「勝手にしやがれ。」がとても印象的だった。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 遠方からわざわざ来ていただいた面接担当の社員さんがとても面白く、もっと知ってみたいなと感じた。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ とりあえず合同説明会、個別説明会などに行き、どんな社員がいるのかを見ていました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 面接官の方がいろいろ質問してくださり、集団面接にもかかわらず1人1人を知ろうとしているんだなと感じた。

また、ほとんど就活をしていなかったため初めての面接だったのですが、和やかな雰囲気で時には笑わせてくれる方もいてとても楽しかった。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 2社しか受けていなかったため全く困ることがなかった。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 正直手ごたえを感じていたのでやっぱりか!って感じでした。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 正直、留年し大学の部活のコーチを1年間やり、翌年就活するつもりで気楽に就活していたのですが、とても興味をそそられる社員の方が多くこの人達の下で働いてみたいと感じ三谷商事に決めました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 大学のうちはやりたいことをやればいい!!そしたら就活でも次から次に語れるようになるので。
久保銀河 北海道大学経済学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 私は当初から商社希望でした。特に現場により近い専門商社を目指して就職活動をおこなってきました。様々な企業や業界を見ていくうちに様々な企業に惚れ込んだりと、気持ちの変化はありますが、自分の軸に沿った企業に決まったのでとても満足しています。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 三谷商事はネット・四季報など様々な媒体で存在感を放つ会社でした。企業HPでも内容が充実しておりエントリーしようと決心しました。また、三谷商事は様々な事業をおこなっているので、その道のパイオニアになれると思い惚れ込みました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 自由闊達・少数精鋭・多忙
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ とてもアットホームで明るい人たちが集まっていると感じました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ エントリーシートを書き続けることは精神的にも体力的にもしんどいと感じましたが、自分とはどのような存在なのかといったようなことを考えさせられるので、とてもいい機会になりました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ なかなか共感してもらえないことが多かったですが言い回しでどうにでもなると感じました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ あらかじめ優先順位は持っていました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ え?って感じで頭の整理がつきませんでした。(笑)
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 前述のとおりパイオニアになれる可能性の高さです。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ なかなか花が咲かないときは、まず根っこをしっかり固めていきましょう。そうすれば絶対に結果に表れてきます。
柴山倫幸 南山大学数理情報学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 最初はほとんど考えていなくて、営業もしたいけど、技術力を身につけたいと漠然と考えていました。
就活で後悔しないように、たくさんの企業にエントリーをしました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 確か、12月のマイナビの合同説明会で知りました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 「勝手にしやがれ」などインパクトのつよいフレーズから、個性の強い会社だなという印象でした。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 会ったOBの方や説明会で会った社員の方は、皆個性の強い方が多かった。
面白い方が多かったので、説明会やOB訪問をするたびにこの会社に入り、一緒に働きたいという思いが強くなった。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ テストで多く落ちてしまい、気持ちに余裕がなくなってきた。
早い時期に他社で内定はいただいていたが、満足するまで続けるつもりでいた。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 自己PRは考えていたが、それ以外は何も考えていなかった。
ありのままを出していきたいと考えていたので、嘘を考えていくよりも素直に即答するように心がけていた。あと、笑顔を絶やさずにしていた。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 他社とのバッティングはなかった。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 他社での面接を受けた後に、電話でかかってきた。
他で内定をもらっていて、三谷商事がダメだったらそこで就活をやめようと考えていたので、内定の電話をもらった時はとてもうれしかった。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 主にシステムエンジニア職で他社から内定をもらっていて、他社に比べて社員さんの雰囲気がとてもよかった。資格の補助などの努力した結果をしっかり評価してくれるところも魅力に感じた。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ とりあえず、たくさんの説明会に参加することが大切だと思います。多くの企業を自分の目で見ることが大切です。私は、3月の中旬まで土日以外ほとんど休みなしで説明会などに参加していました。説明会にたくさん参加して、受けるかどうかを決めればいいと思います。
ESも自分だけでなく、研究室などの先生や友達にアドバイスをもらうといいと思います。私は、あえて厳しい友達に添削を頼んだりしました。人事の方などは赤の他人なので、友達の友達に見てもらうのもいいかもしれません。
面接は、話す言葉を覚えていくのではなく、話すキーワードだけを覚えていくといいと思います。自分の言葉で熱意をもって話せば、必ず伝わります。
少しでも興味を持った企業はOB訪問するといいと思います。社員さんの本音など、説明会では聞けない内容も聞けることがあります。
嶋村峻 名古屋工業大学大学院工学研究科
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ やりたいこととできることを以下のように定義した。
やりたいこと:国を盛り立てること,国際貢献ひいてはそれによる国際プレゼンスの強化
できること;人の間での摺り合わせや大局的視点の提供,知識や経験に基づくユニーク性

これらから技術者と市場の仲立ち役として,メーカーの技術営業や商社営業などが適当であると考えた.なぜなら,市場は「これまでになかった物」の中にある「欲しい物」を知らず,技術者は自らの成果が社会を如何に変革し,価値を創造するのかという視点を欠くからである。
また仕事とは,自らのできることを活用するのみならず,現状を打開し,新たな価値を提供し続けられるかという探求に対しての報酬を得ることであると考えた。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 学内セミナーでのブース訪問が三谷商事を知るきっかけであった.前記のように商社業界へ興味をもったことから,訪問を決めていたが,社名はセミナー案内で初めて知った。
エントリーのきっかけは,ブースでの人事担当者の説明から,これまでにない新たな価値を探求するといった点が自らの考えと合致しており,(学部時代には気づかなかった)商社業界との相性が良いことを認識したことである。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ コンクリや石油といった,市場が飽和しつつある事業が目立ったため,将来性を今一度精査し,見極める必要があると感じた。
また,「勝手にしやがれ」に代表されるキャラクター性の強さから,いわゆる「ブラック企業」のように人員を使い捨てているのではないかという疑念があった。
いずれの疑問も選考が進むにつれて,潤沢なキャッシュ・フローによる事業投資・事業分野拡大や,社員ひとりひとりの裁量や個性が発揮されているということで,「くろ」ではないんだなと理解した。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 他社と比較して,個性的な社員が多い印象が強く,裏を返せばそれぞれの特色を活かす機会もあるであろうことや,人間味溢れる様相が見て取れた。

一方で仕事に関しては非常にストイックな一面も見受けられ,そうした環境に身を投じることは前記の目的や目標を達するのに有効であるのではないかと考えると同時に,「人間臭さ」の源泉でもあるように感じ,「血の通った」仕事ができるのではないかと感じた。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 序盤は書類選考や筆記試験の通過率は上々と,学部時代の活動状況に比べて良好であったことから,楽観視していた部分が強かったが,選考が進むにつれて落選を繰り返すなど,悲観的になる局面もあった。
しかし,元来意識していた「内定」を目標とせず,「最良のマッチング」を目標とすることを再認識することで,落選を「御縁がなかった」と考えるようになり,結果としてありのままの自分を表現し,理解していただくことに努められた。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 最良のマッチングを模索すべく,互いの疑問点を解きほぐす作業という位置付けで面接に臨んでいた。
無論,緊張しなかったと言えば嘘になるが,虚勢を張り,誇張した自分を見せることが後々互いの不利益になるという認識が強まっていったことから,次第に自然体で接することができるようになったと感じた。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 優先順位をあらかじめ決めておいたため大きな混乱はなかった.他日程など,他に取りうるオプションがあるか,調整が可能かどうかは必ず確認するよう心掛け,できる限り多くのチャレンジ機会を得るようにした。
日程を調整していただけると,それだけ期待していただけていることであると感じた。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ この会社とともに歩みたいと確信をもったことから,三谷商事以外のすべての選択肢を排し,背水の陣で臨んだが,やはり確信が持てずに憂慮していた所に頂いた内定通知であったため,まずは安堵を覚え,次の瞬間に目指していた「最良のマッチング」が叶ったという達成感を感じた。
その上で活動にあたって掲げた目的・目標の達成に向けて挑むことができると心から喜びを感じた。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 最初のセミナーブースでの説明で感じた通り,自ら考え,行動することで価値を想像するという姿勢に非常に共感を覚えたことがすべての決めて出会った.これはマッチングを最重要視した自らの方針とも合致するものであり,他社にはないものであった。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ ありのままの自分に自信を持って臨めば,必ず最良の結果が得られます!
田島達也 名古屋大学大学院工学研究科
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ バリバリ働き、仕事が好きで楽しい仲間と共に、何か大きなコトを成し遂げたい、と考えていました。そして自分らしさを貫き、カッコいいおっさんになりたい。
やりたい事や具体的な夢などを持っていたわけではありませんが、どうせ頑張るなら目標は何かデカイことにしたいと思い、世界を舞台に活躍できるチャンスがある仕事を探していました。また、その目標に向かうためにも、尊敬できる仲間や先輩に囲まれて切磋琢磨し、大きな自己成長が見込める環境で働きたいと思いました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 12月の合同説明会で気になる会社を回っている際にチェックを付けておいた企業のひとつでした。家に帰ってパソコンで採用情報を確認して、インパクトのあるキャッチに惹かれたのと、色々な商社を見ていたのでエントリーしました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 「センターフライをキャッチャーがとりにいく会社」というキャッチは衝撃的でした。それならセンターはもっと想像以上の守備範囲を持っているんだろうな、と想像が膨らみました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 説明会で実際に社員さんに会ってみると、他の商社とは異なる自由奔放さが感じられて新鮮であったり、それまでは個性の強い会社だと思っていたが、チームとしての総合力を強調する話があったりと、印象が少し変わりました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ とにかくひたすらスケジュールを埋めて足で情報を集めることにしていました。ネットの情報量は相当だが、生の情報に質で勝ることはできないと考えていました。たとえ量があったとしても自分に適用できる情報はわずかだけだし、生の情報であればその取捨選択も容易、自分から質問も可能だからです。
とにかく興味を持った会社、説明会、セミナーには時間の許す限り、開催地に関わらずどんどんエントリーしていきました。受けるつもりのない会社であろうと興味を持ったからには必ず得るものがあるはずです。また、プレゼンターの話術など、学べるものはいくらでもあるはずだという心構えを常に持っていました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 三谷商事の面接を受けてみると、予想よりもフランクで笑いありの面接でした。一緒に面接を受けていたライバルたちも殺気立った雰囲気は全くなく、むしろ同じ部活の仲間のような雰囲気の中、非常に楽しく面接に臨めました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ バッティングはありませんでした。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 正直に嬉しかったです。就職活動を始める前から商社に興味があり、ずっと商社で働くイメージを創り上げてきたので、ついにやり遂げた、と感じられた瞬間でした。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 三谷商事の先輩達から将来に対するアツい想いを感じられ、自分もここで働きたいと素直に思えたからです。
あるIT企業からも内定を頂いて迷ったこともありましたが、三谷商事は少数精鋭で個人の裁量が大きく、かつ個人に人材コストの当てる割合も大きいため、より自己成長が可能であると考えました。また、自由に自分のやりたいようにビジネスをやっていける環境であることも決め手となりました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 就職活動は楽しみましょう。メディアの影響、先輩の苦労談などもあり、多くの人が就活に対して悪いイメージを抱きがちですが、辛いばかりの就活ではありません。様々な人、同世代の仲間やこの壁のすぐ向こうにいる先輩、優れた経営者の方々との出会いがあったり、社会に対して知らなかったイメージが湧いたり、自分の中に全く無意識だった新たな発見があったりと、楽しいことは探さずとも見つかります。そういった自分なりの楽しい就活スタイルを創り上げていくことが、新たな成長、自信となり成功に繋がると思います。ぜひ就活を楽しんでください。そして楽しく快活に働ける将来を目指しましょう。
中澤廣充 南山大学総合政策学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ それまで深く考えてはいなかったのですが、「自分が成長し続けていける、どんどんチャレンジできる環境で働きたい」。このぐらいでしか考えていませんでした。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 福井出身なので、聞いたことがあるなと思っていました。合同説明会の際に聴きたい企業のブースまで歩いている途中に「センターフライをキャッチャーがとりにいく会社」、「勝手にしやがれ」の広告が目にとまり、立ち止まって話を聞いていました。とにかくインパクトが強かったです。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 福井にある会社という認識、おもしろいことを言う会社だなという感じでした。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 説明会での社員の方々との懇談会で感じたのですが、個性的な人が多いなという印象でした。ガツガツ、バリバリ、ハキハキというイメージが強かったのですが、物腰の柔らかな人もいれば、イメージ通りの人もいればで、個性のよせ鍋のような説明会だったと感じました。滲み出るような個性がとても魅力的に見えました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 様々な業界の説明会に参加していましたが、どうしてもピンと来ない場合が多く面接には受けに行かない企業が多々ありました。時間だけが無駄になっていくような気がして、この時期が一番焦っていた時期だったと思います。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 二次面接で部活動に関して質問があり、その当時のことを話していて涙が出そうになったことを覚えています。「他社ではこんなことならないのに」と我慢して話をしていましたが、そのことに見事に触れられて焦りました。しかしそれをガッチリ受け止めてもらえたこと、自分自身もそれほどまで飾らず話をできたこと、この時、「この会社だ!」と決めました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 幸いバッティングはありませんでした。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ カラオケをしている際に内定の通知を頂きました。とにかく急いで外に出てぺこぺこしながら歩き回っていたことを覚えています。友人によるとその後も落ち着きなくウロウロしていたようで・・・それだけ嬉しかったのだと思います。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 二次面接が終了した時からここで働きたいと思っていたので、内々定を頂いていた企業は内定を辞退させてもらいました。個人の裁量の大きさや社風がぴったりだと感じました。また頑張る人間を評価する体制にも強く惹かれました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 早い時期から自分のペースを崩さず活動することがいいと思います。自分ではそこまで苦痛に感じていないと思っていても、周りのピリピリした雰囲気、状況に体は疲れているのだなと感じることがありました。そのためにも不安要素や就活に関係のない面倒なことは後回しにせず少しずつ取り除いていくべきだと思います。小さな不安も溜まり溜まっていくと心配でしょうがなくなってきますし、「心の安定」が良い結果を出す為の条件だと私は思っています。面接で全力を注ぐためにも自分の心のケア、コントロールを上手にしていくことが大切です。お酒を飲みに行くなり、就活仲間と語るなりで上手く時間を使って、頑張って向き合ってみて下さい!!応援しています!!
藤本駿平 中央大学商学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 最初は特に業種を絞らず、漠然とした考えでしたが営業がしたいと考えていました。若いうちからバリバリ働いて自分の成長につながるのであれば、そういった職業に就くのもありだと思っていました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 昨年の11月頃に就活本を読んでいて、「有名企業より優良企業を選びなさい!」という本に掲載されていたことから三谷商事を知りました。商社に興味を持っていたこともあってエントリーをしました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 完全実力主義を採用していてバイタリティ溢れる社員さんの多い企業だという印象を持っていました。社員さんが熱い議論を交わしていると同時にアットホームな雰囲気を持つというようなことが本に書いてあったので、そのイメージが強かったです。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ とにかく熱い社員さんが多いという当初のイメージ通りでしたし、自社の良いところも悪いところもちゃんと全部さらけ出してくれるという点が他社にはない魅力だと感じました。社員質問会でも、一つ一つの質問に全部真剣に答えようとしてくれる姿勢が非常に良かったです。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 合同説明会や企業説明会にとにかく足を運んで業界研究や企業研究に力を入れていました。気になった企業には片っ端からエントリーシートを書いていました。三谷商事の1次面接は自分が受ける二回目の面接だったので、めちゃくちゃ緊張していたのを覚えています。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 二次面接から6人くらいの面接官がいて全て集団面接だったので、逆に緊張しました。面接は結局ありのままの自分でぶつかるしかないなという考えに落ち着きました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 日時をずらしてできるだけ二つとも行けるようにスケジュール管理していました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 友達と遊んでいた時に内定通知の電話がかかってきたのですが、単純に嬉しかったです。正直就職活動の疲れが出始めていたころだったので、ほっと一安心することができました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 最初に内定を頂けた企業でもありますし、面接を通して志望度は高まっていたので迷うことなく三谷商事で働くことを決めました。働いている社員さんの方々に魅力がたくさんあって、自分もこの人たちの仲間になりたいと思えたことが大きかったと思います。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 4月から本格的に面接が始まるので、それまでに練習もかねて色んな企業の面接を受けた方がいいと思います。私も最初の頃は頭では考えているのに緊張して忘れてしまったりでボロボロでした。言いたいことも言えないこんな世の中じゃ状態でしたが、何回か経験しておくと慣れ始めて素の自分で勝負できるようになると思います。あと周りの友達が早く内定決まったとしても焦らず、自分のペースで頑張りましょう。内定もらった人にアドバイス貰うのもかなり助かると思います。
吉田美穂 京都大学大学院農学研究科
 
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 始めは主にメーカーの研究開発職を希望していました。それは、できれば大学院の研究が活かせたらいいなという漠然とした感じで、自分の中にはっきり「やりたい」と思うことは決まっていませんでした。その他に、型にはまった人間や偏った人間になりたくないということは考えていました。もともと「安定」とかそういう類のものに魅力は感じない性格で、どうせ就職するなら「攻め」の選択がしたいということも考えていました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 社名自体は地元にいる時から知っていましたが、福井には○○商事という会社が何社かあり、その中の1つという感覚でした。1月に大学主催の合同説明会があり、その時に福井の会社だという結構軽いのりで説明を聞きました。元々メーカーを希望していたため、その時は「こんなことやってるのか」くらいの感想で家に帰ってもエントリーはしていませんでした(すみません・・・)。その後、三谷商事からエントリー催促のメールが何度か届き、家にハガキも届き、半ばしつこいと思っていたのでエントリーしたのはES締切の数日前だったと思います(重ね重ねすみません・・・)。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 三谷商事というより、商社という業界は会社の大小に関わらず激務だというイメージはありました。福井の企業は中小企業が多いので、正直全国展開であることは結構意外でした。いろいろとキャッチフレーズが目立っていて、そこより業績をアピールしたらいいのに・・・と冷静に見ていた気がします(すみません・・・)。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 明るい人が多いなという印象。また、チームとして動いている会社だなということも感じました。説明会で社員の方が大勢来て下さった会社は三谷商事以外無かったと思います。人事の山本さんがやたら声が大きかったので、健全な財務体質の話をしていたのを今でも覚えています。
個人的には、合同説明会の際、採用担当に質問をした時に福井出身ということを話したら「名前を覚えておくね」というような気さくな感じだったので印象が良かったです。会社によって人事の方の対応はいろいろと違っているのですが、三谷商事の人事の方は最初から現在までどの方もすごく印象がいいと感じています。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 初期は会社に自分を合わせているところがあり、自信がもてないという時期が続きました。ESは通過しても、面接では何が本当にやりたいことなのかいつもぼやぼやしていて、それが面接官にも伝わっていたと思います。それは三谷商事の面接でも同じでした。なんとなくESを出し、なんとなく面接を受ける、その度に悩みが深まっていった気がします。感覚的に大事にしたいことはあるのに、言葉にならない自分にいらいらしたり、悲観的になったり、泣いたこともありました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ これは本当にご縁があったエピソードですが、二次面接の日、始発の電車が暴風で運転見合わせになり、予定より2時間遅れて面接に伺いました。いろいろあって、面接後、面接官と昼食を食べることになりました。その時に言われたことは、主に面接での発言へのつっこみ(私が一方的にそう感じたのかもしれない)でした。その後、本当に悩みました。選考を辞退することも考えました。しかし、悩んだということは、自分にとって聞き流せないほど核心をつかれたということです。
その後、最終面接の連絡が来たときは正直驚きました。福井へ向かう電車の中でも気持ちは結構もやもやしていました。本社に早く着いたので、人事の山本さんと話をしている時、思わず私は「自分はなんでここまで来たのか分からない」と言ったら、山本さんは「吉田さんはただの真面目人間じゃないのが良かったんじゃない?」と仰ってくれました。そのおかげで、最終面接は、前回の反省点を踏まえて、自分に正直に「攻め」の選択がしたいということを話せたと思います。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 特にバッティングすることはありませんでした。研究室のミーティングを休んだことは何度かありますが、先生は就職活動に好意的な方だったので、それは有り難かったです。友人の話では、面接の際に手帳を出させて予定を聞く会社もあるようですが、私は大丈夫でした。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 予定より早い電話に驚きましたが、ほっとしました。他社の選考もうまくいっていない状況でようやく「一緒に働きたい」と思ってくれた会社があったということに素直に嬉しかったです。どこが評価されたかを教えて頂けたのも嬉しかったです。最終的に押してくれたのが、二次面接後に昼食を共にした、あの面接官だと聞いて、これはご縁だと思いました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 三谷商事から内定を頂いた時点では他社の内定は無かったですが、まだ4月でしたし、研究開発職を諦めていいのかということは最後まで悩みました。それは人事の方も分かってくれていて、社員の方に会わせて頂き、お話を聞きながらいい意味で「嫌じゃない」という感覚を大事にしようと思いました。私の就職活動はそもそもがやりたいことがあったわけではないので、「やりたくないわけじゃない」という感覚からスタートして、それが私の大事にしたい「攻め」の選択になっているなら、10年後くらいにはバリバリ楽しく仕事してそうだな、と思ったので決断しました。
ここまでぼやっと書いてきましたが(しかも結構ネガティブな発言で)、就職活動を終えた今の私にとって一番大切にしたいことは「垣根のない世界で働きたい」「視野の広い人間でありたい」ということです。こだわる場所は職種ではありませんでした。そのことに気付かないままメーカーの研究職で就職活動をしていたのは後悔と言えば後悔ですが、結果的に三谷商事で拾って頂いて、自分の大切にしたいことにも気付けたので終わりよければすべてよしだと思っています。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 自分にとって大事なことは何なのか、ということは何度も考えるといいと思います。この選択が人生を決める、という感覚も、だめだったら転職したらいい、という感覚も、どっちも大事だと思います。結局、自分の幸せは自分が決めるのだと私は思います。大企業に内定をもらう友人をうらやましく思うかもしれないし、ベンチャー企業に決めた友人に驚くかもしれません。でも、それぞれの人の幸せの価値観はみんな違うので、自分の思う「幸せ」に大事なことは何なのか、自分自身が胸を張って言えることが就職活動を通して見つかれば、それは今後の人生の糧になると思います。
次のページへ
このページのトップへ
このページのトップへ
Copyright(C) 2006 MITANI CORPORATION All Rights Reserved. お問い合わせ