MITANI CORPORATION RECRUITING 2007 採用ホームへ 三谷商事ホームへ
三谷商事株式会社
CONTENTS MENU
創業92年。ベンチャーです。【事業内容】
職種別採用の理由【事業内容と採用データ】
9年連続増益、無借金経営企業【会社概要】
実力主義。放任主義。【人事・教育制度】
先輩メッセージ【未来のライバルたちへ】
WEBパンフレット
ENTRY
就職活動記2012(2010年内定者)
名古屋大学大学院	工学研究科天谷慎二
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 具体的には考えていなかったが、
ヘルメットはかぶりたくないと思っていた。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 学内説明会で知り、福井の企業だったのでエントリーをした。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 「勝手にしやがれ!」 「出る杭は伸ばす」
というインパクトあるフレーズ。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 社員の方がみんな面白く、いきいきとしていた。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどのような状況でしたか?(当社・他社も含めて)
A5・ とりあえず合同説明会には参加するようにしていた。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 面接がとても緊張した。
素の自分を出せた気がした。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・ バッティングすることはなかった。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ とても嬉しく、ほっとした。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 頑張った分はきちんと評価をしてくれる。
雰囲気がよさそう。
放任主義である。
など
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 自分で考えて動くこと。
体調管理をしっかりすること。
五十嵐春彦 早稲田大学 教育学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 私は、とにかく自分を成長し続けられる意欲、モチベーションを保てる環境で働きたいという考えをもって就職活動を始めました。もしかしたら、自分が強くあり続けることが出来れば環境なんて関係ない、と思う方も居るかもしれません。とてもよく分かります。しかし、出来るものであればそこに自分に合った環境を+αの力として持っていきたい、そうすればそれを一つの刺激に大きくステップアップしていくことが出来る!と考えていました。そういった意味から、とにかく常に挑戦する気持ちを持ち続けられるような環境で働きたいというような考えを持って就職活動を始めました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 就職活動を始めた頃(2011年1月前後)に四季報を眺めていると、ふと三谷商事という企業の名前が目に付きました。とりあえずなんとなく面白そうだなと思い、エントリーしてみようとパソコンで検索にかけてみたことが運命を決めました。HPをご覧になられている方なら分かると思うので、多くは書きません。さらにエントリーシートの提出期限が他社より早かったこともあり、自分の実力を試す意味でも出してみよう!という軽い気持ちで(もちろん内容は、それなりに満足したものを提出しましたが)提出期限前日に提出した記憶があります。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 良い意味でも悪い意味でも、自分を強く持てる、個性を大切にしている企業だという印象を持っていました。インターネット上では完全実力主義の〜、やる気がない奴は〜、等の書き込みを目にしていましたが、それも個性を大切にするからこそのものであると割り切って考えていました。また、とにかく情報は自分が信頼できる出所のものであるか、自分が直接手に入れたものしか完全には信用しない性格なので、とにかく会社説明会に出てからゆっくりと向き合ってみようと考えていました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 私が説明会に出て一番驚いたことは、とにかく勢いがある社員の方が大勢居たことです。勢いがあるというのも曖昧な表現ですが、それが話す姿勢に表れている人や表には出さないけど内に秘めたる熱い気持ちを覗かせている人など、とにかく生き生きとしているというように感じました。また、これを良くとるか悪くとるかは人によって大きく分かれそうですが、社員の方同士の距離が近いようにも感じました。とにかく、明るくフランクであり、馴染みやすい印象を私は持つことが出来ました。それの一例として、面接時にOB訪問をしたいという就職活動生の声に応え、その場で社員の方に電話をかけて面接後にOB面談を行っていたことがありました。とても懐の深い社風があるというように感じました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 私は一就職活動生として、就職率が前年に比べて更に悪化していること等がニュースで取り上げられる中、確かに弱気になることもありました。しかし私は、とにかく強気で居ることを重視し、環境が与える変化を忘れ、自分次第という考えから五十嵐春彦という人間をフルに出していく姿勢で行っていました。面接では教科書通りの回答などはもちろん無く、とにかく自分の言葉で伝えることを意識していた結果、ある程度の評価はされていたので、悪く言えば、多少図にも乗っていました。私は比較的早い段階で他社さんの内々定も頂くことが出来ていたので、大きな苦労はありませんでした。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 上の質問の答えでも書きましたが、とにかく自分らしさを出し切ることを面接では重視していたので、面接を通過していく過程の中で単純にそれが評価されていることが分かり嬉しかったです。また、とにかく自分を偽らずにあるがままの自分を出したい私と、それを純粋に受け取ってくださる三谷商事の面接官の方とのフィーリングが合っているとも感じていました。気付けば私は、面接を通過するたびに、三谷商事のことが好きになっていました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ バッティング等はありませんでした。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 「あぁ、やっぱり自分は三谷商事に合っているんだなー」と、思いました。自分自身を出し切った結果だったので、それはもちろんとても嬉しく思いましたが、来るべきものが来たという感覚に近かったかもしれません。しかしそれは例え最終面接落ちの結果でも、同じように考えていたと思います。とはいっても、友人曰く無意識の内に私はガッツポーズをしていたみたいですが。笑
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 何をやるか、という考えはもちろん大切ですが、そこから更に踏み込んで私は(何を)どういう環境で働くことが出来るか、という考えを一貫して持ち続けていました。その環境が自分に合っているかどうか、それを確かめる為に(何度も書いていますが)面接では自分を偽ることなくあるがままの自分をさらけ出していました。そこで、他社と比べる際には面接時にどれだけの自分を出し、またそれを面接官の方がどれだけ受け取って(評価して)いるのかを一つのポイントとして見ていました。さらには自分が入社後に当たるであろう壁や困難をイメージ出来ること、何より働いている姿そのものをどれだけイメージ出来るかということも考えていました。それらを考えた後、自分が自分に裏切ることのない、また裏切られることのない場所を改めて考えた際、三谷商事が自分に一番マッチしていると感じました。以上を総合して考え、入社する意思を固めました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 自分に嘘をつくことなかれ。どこをゴールとするかにもよりますが、面接を通過した際の一瞬の喜びよりも大きな喜びを追い求めてみると、悔いのない就職活動を送ることが出来ると思います。
市村昌士 名古屋市立大学 経済学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 以前から誰かに相談されることを誉だと考えていた。それが影響してか、最初は金融やコンサルティング業界を志望していた。しかしどの企業も、どの業務も相談と解決の側面を持っていると気付き、業界は気にしなくなった。それ以後、将来の自分がより優れた相談相手たれるよう経験を積める場所として企業を探していた。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 三年次の11月頃。その頃は毎晩何百もの企業の採用サイトを眺めていた。頭が働かない状態で画面をスクロールしていた時、ふと風力タービンの写真が目に留まり興味を持ち、エントリーした。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 勝手にしやがれ、のフレーズを見て「こんなこと言っちゃって大丈夫なんだろうか」と思った。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 会社説明会ではいつも若手社員に注目していた。自分とさほど年の変わらない人が、どのくらい社会人として立派に映るか、というのが私の基準の一つだったからだ。三谷商事は群を抜いて良かった。多くの学生を前にすると中には手が遊んだり、目が泳いだりする人がいたが、三谷商事はゼロ。皆ビシッとしているにもかかわらずごく自然体だった。すごいなぁ、と思った。あと、当日のレジュメを読み返したら「人事の人声でかくてGood」(山本さんのことです)と書いてあった(笑)。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 様々な会社の説明会に参加して、どこに自分の琴線があるのかが解りだした。働くことに対する考えが変化し、時にそれが崩壊しても時間は待ってくれない。面接や説明会の期日は迫ってくる。確たる理由もなく参加した説明会もあったように思う。それほど予定は詰まっていなかったが、漠然と時間に追われていた気がする。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 飾らない自分でいようと心掛けていた。自分が働く場所を選ぶのに仮面をしても仕方がない、と思いなるべくまっさらな状態で臨んだ。それでだめなら仕方がないとも思っていた。一次面接ではまっさら過ぎて、ESに何を書いたのか忘れていたので、その時思っていたことそのまま述べた。そのおかげか、地を出すことが出来たと思う。回を重ねるごとに社員の方の顔も覚え、三谷商事への思いは募っていった。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 幸いバッティングはなかった。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 布団の中、寝ぼけまなこで取った電話が内定通知の電話だった。すぐに跳び起きて、布団に正座しながらひたすらぺこぺこしていたことを覚えている。初めて頂いた内定だったので本当に嬉しかった。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 他社と迷うことはなかった。三谷商事の説明会に参加した日に、「ここが自分の第一志望」と決めていた。決め手はしっくりきたから。色々理由付けは出来るが、強いて言うなら、自分が一番自然に働ける、頑張れると思ったから。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 人間は生ものですので昨日と今日では違います。書類を書いている時と面接を受けている時では概ね一月前後のタイムラグがあるでしょう。その間に考えも大きく変わっているはずです。「ESにはああ書いたけど、今はそう思わない。」というのはよくあることだと思います。その変化を大切にして下さい。新しい気付きがあるかと思います。
加藤大統 京都大学 法学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 私は主体的に働きたいと考えていました。「具体的にやりたいこと・関わりたいジャンル」というものは特にはありませんでした。様々な業界の会社説明会に行く中で、「商社」という業界に焦点を絞りました。それはモノを持たない営業というのは、ヒトの能力が大きく関係し、最も主体的に仕事に関わることができるのではないかと感じたからです。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 昨年の10月ごろにリクナビで知りました。
エントリーしたきっかけは、商社で働きたいと思ったことと大胆に「実力主義」を掲げている会社を見てみたいと思ったからです。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 様々な種類の事業に力を入れていて、専門商社なのか総合商社なのか、どのようにみればいいのかわかりませんでした。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 説明会での建材の竹中さんの印象がとても強かったです。学生の質問に対して率直に、そしておもしろく答えてくださって、その雰囲気がある会社自体に興味を持ちました。就職活動で出会った社会人の中で、最もインパクトが強かったです。
また、仕事内容の面では、エネルギーの宮嶋さん・中川さんの九州での新規開拓が、主体的に仕事に取り組んでいられる点で興味深かったです。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 就職活動をはじめた段階では、業界は問わずに法務部に興味がありました。
しかし、いろいろな企業の説明会に行くにつれ、より能動的に仕事に取り組むことができる営業職に興味をもつようになりました。その中でも特に、人間力が左右する商社に焦点を当てて考えるようになりました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 選考が進むにあたって志望度がより一層高くなりました。それは山本課長の人柄も大きかったです。面接官が興味を持たれていることをストレートに聞いていただき、毎回ドキドキしながらも楽しく面接させてもらいました。ただ、集団面接では個人によって質問の集中度合いが異なり、自信を持って「通過しただろう」と実感することはありませんでした。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 先に予約があったものを優先するようにしておりました。しかし、バッティングしたことは一度もありませんでした。
少し話がそれますが、インドに行くことになり、最終選考を大阪ではなく東京で受けさせていただき、本当にありがとうございました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 率直にうれしかったです!
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 正直、総合商社と迷いました。
御社に決めた理由は、総合商社と比べて、1.自分の考えを主張しやすい環境であること、2.(完全実力主義という)本当の意味で個人の実力が試される雰囲気・社風であると思ったこと、3.主体的・能動的に仕事に取り組めるということは楽しく出勤できると思ったこと、です。
決定的な決め手は、内定を頂いた後、社員さんと飲みに連れていただいたときに、「すごい」と思える人が多かったことです。キャリアや仕事のことなど、初対面の一内定者の自分に快くお話してくださって、内容もとても魅力的でした。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ “とりあえず”受けてみるのではなく、“本当にここに勤めたい”と感じた企業だけを受けたほうがいいと思います。力も集中しますし、就職活動以外に割ける時間も増えますし、なによりも精神的な負担が少なくてすむと思います。
自信を持っていれば、おのずと結果はついてくるものです。自分に自信持ってがんばってください!
齊藤寛孝 九州大学大学院 工学府
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 私は就職活動の当初から一貫して、自分が興味を持って楽しんで携われるような会社・職種に就きたいと考えていました。また、漠然と「社会に出て働く際にはより多くの人と関わり合いたい」と思っており、さらに普段の生活においてITの利便性や可能性に憧れを抱いていたため必然的にSEという職種に興味を抱いていました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 某就職活動支援サイトにおいて、私の職業観に合う企業として三谷商事の名前が記されていたことが三谷商事との出会いのきっかけでした。そして、そのサイト内に掲げられていた「勝手にしやがれ」という半ば挑戦的なキャッチコピーに惹かれエントリーしました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 実力主義、放任主義、出る杭、勝手にしやがれ・・など、個性の強い会社だなという印象でした。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 実力主義、放任主義、出る杭、勝手にしやがれ・・などを体現している人の多そうな会社だと感じました。そのためか社員の方々が活き活きしているように見えました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 合同説明会や会社の個別説明会に足を伸ばし様々な情報を集め、自分の興味・関心のわく業種や職種を探すことに時間を費やしました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 面接会場でお会いする社員の方々が明るく、楽しそうな会社という印象を受けました。面接に関しては、私は面接経験が少なかったためどの面接も緊張しました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ バッティングしないように予定を組んでいました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 今年は震災などの影響で採用活動を一時中断する企業が多く、先行きが不透明だったため、内定の報告を頂いたときはまっ先に安堵を覚えました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 就職活動の初期からSEを目指しており、さらに数多ある企業の中でもより挑戦的な企業で働いてみたいという思いから三谷商事に決めました。しっかりと技術資格手当が付くというのも魅力でした。また、一番初めに内定を頂いた会社だったということも決定要因のひとつでした。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 助言などという大層なものはできないですが、就職活動を通しての私の個人的な反省としてはもう少しテスト(適性検査)対策をしっかりとしておくべきでした。テストが通らなければ面接もしてもらえないということを痛感した就職活動でした・・・。
杉本一成 東京理科大学大学院 理工学研究科
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 私の企業選びの軸は自己成長の環境に適しているかどうかでした。社会人からがスタートとの考えがあり、職業観としても人生の大半を仕事にささげる為、仕事は自分が本気で取り組める物でなくてはいけないと思っています。
他企業と連結する仕事は当然、連結する企業の業界の知識が必要であり自分の知識を広げなくてはなりません。その上で自分が出来る最大の提案を常に行いながら新しい価値を生み出したいと思っています。これが私のやりたい事であり営業を行っていきたいと考える理由でもあります。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 私は土木系出身者です。就職活動を始めた時(2010年10月)に土木の知識を活かせる企業を探しました。そして建材シェアNO.1の商社という事が三谷商事をエントリーするきっかけになりました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 私の地元の石川県では知名度が高く、国立大学の金沢大学でも志望者が多かったのでその人たちと良く三谷商事について話していました。その中で金沢大学でも入社できる人はわずかだと言う話と社員の出身大学を見て、個々の力が強い企業だとしても学歴を重視しているのかなと思っていました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 個々の力が本当に強い!
これが三谷商事の印象でした。あらゆる質問の受け答えにも自身の考えの軸を持って話す姿や時折、採算性についてまで考えの根を伸ばし話してくれる事でそれを感じていました。
その様子が当初持っていた学歴重視の企業と言うイメージを払拭させてくれました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 自分に合う企業探しという考えを基に業界を広く捉え、多くの企業をエントリーしました。
早々にこの企業は合わないと決め付けるのではなく、合うかもしれないという可能性を残す為に慎重に選考を受けていました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 正直な話、企業のイメージを守るような選考ではなかったと思います。集団面接で質問を受ける人は受けるし受けない人は受けない。人によっては不信感を抱く面接だったかもしれませんが、企業のイメージを守らないほど真剣に採用活動を行ってくれていると私は思いました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 私は御社の選考では運よく他社とバッティングはしませんでした。
これも縁だなと思っています。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 自信はあったので安心でした。というのも就職活動は企業と自分がマッチするかどうかだと思います。三谷商事の選考では自分が合う企業だと思っていましたし、私の考えを評価していただけていましたのでマッチしたと感じて自信がありました。
ですので内定通知が来て安心しました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 自分の成長に関して環境が一番適している企業が三谷商事だったので自分の可能性を信じて決めました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 幅広く自分の可能性を信じて自分を伸ばす企業選びをして欲しいと思います。
安定した生活を送る為には大企業に入るのではなく自分の成長が一番です。どれだけ自分を信じて成長できる環境に身をおけるか、そのような視点を持って就職活動を行って欲しいと思います。
立尾昌彦 岐阜大学大学院 工学研究科
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 私は「地元福井で活躍できる企業」、そして「興味のあること」の二本柱でした。あとは意識が高く、無名でも仕事への熱意ややりがいをイキイキと喋ってくれた企業にはエントリーをしました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 名前はもとから知っていました。しかし商社に情報系の私の活躍の場があるとは思えず、敬遠していました。エントリーのきっかけは「働くなら、福井」で開催された合同企業説明会でした。三谷商事のブースを訪問したときに、内容を聞き、情報系でもバリバリ活躍できると感じたのでエントリーしました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 歴史がある会社なので、お堅いイメージがありました。しかしふたを開けてみればなんとも開放的で若い力にあふれている会社でした。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 丁寧に質問に答えてくれ、はっきりと喋ってくれました。やはりエンジニアでもコミュニケーション能力が高い人が多いと感じました。面接でも学歴ではなく「人」を見てくれていると感じました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 就職活動は2月から本格的に動き出しました。それまでは説明会はイベントがあれば行く程度でした。2月は徹底的に企業を知る作業(説明会&企業採用サイト)をし、3月からは、自分の企業研究した企業に志望順位をつけ、選考に進んでいきました。5,6月に選考が周ってしまった志望度の高い企業もありましたが、自分のアピール力を上げるチャンスが増えたとポジティブに思い、全力で当たっていきました。三谷商事では一次面接と二次面接に1ヶ月ほど間があいてしまいましたが、二次面接以降では緊張もさほどせずにすみました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 私は三谷商事に最終面接の前に6社、最終面接を受けました。どこでも何を見てくれているのかがよくわかる面接だったのですが、あまり社長クラスが直接面接してくれる最終面接はありませんでした。最初は緊張しましたが自分の良さを分かってもらえるよう努力しました。社長とも話せて、個人的にはすごく有意義でした。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 先に入った予定を優先しました。あまり上手な方法ではないと思いながらも、選考を受けさせていただく全てのご縁を大事にしたかったというのが理由です。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 実は寝起きで、最初は何が起きているかわかりませんでした。しかし、とても有難いことだと思い、すぐに入社を決意しました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 自動車関係から内定を頂きましたが、三谷商事に決めた理由は、純粋にこの会社で働きたいと思う度合いが高かったからです。地元福井に戻れますし、親にとっても自分にとってもベストな選択になったと感じています。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 調べれば調べるほど不安になるのが就職活動だと感じました。なにを信じればいいかわからなくなるのですが、自分を信じること、自分を客観的に見ること、手間を惜しまないことが重要だと感じました。あと、場数は踏んでおかないと本命で口ごもってしまう可能性があります。なるべく自分の事を知らないひと(サークルの新人やバイト先の上司など)に時間を作ってもらい、何回も練習しましょう。(私はサークルの人と知り合いの社会人の方に聞いてもらいました。)
最後に就職活動も長くなると憂鬱になったり、面倒になったりすると思います。でもそこで諦めず、手を抜かず、悔いが残らないようにしましょう。
田畑稚菜 慶應義塾大学 法学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 様々な業界を見ていました(ミーハーなもので)。ただ、共通して言えたことは「バリバリ働いて早くポストを築きたい、自己成長・チャレンジできる環境で働きたい」ということです。やりたい事としては、当初は海外営業をやってみたいなと思っていました。だってカッコイイじゃないですか。希望職種は営業そして法務でした。しかし自分に何が向いているかを考えた時、やっぱ営業だなと思い、それを通していました。夢は、仕事上では自ら海外から仕事を引っ張ってきて、新たなラインを築くこと。そしてグローバルなキャリアウーマンになることです。プライベートでは、お金をがっつり稼いで老後にでもNYのセントラルパークに住むことです。(これは幼稚園の頃からの夢です。)
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 私は出身が福井県であるため、昔から聞いたことある名前だなという感じで知っていました。福井の二大商社の一つというイメージでした。エントリーのきっかけとしては、私は商社・金融が希望業界であったため、商社且つ福井の大企業⇒しかも東京にある⇒受けるしかない、といった感じでした。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 正直に言うと、商社の中ではあまり知名度の無いところだと思っていました。私は総合商社にばかり目が行っていたため、三谷商事は小さいながら頑張っている会社といった印象でした。生コンではトップシェアなんだ、凄いなーくらいで。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 説明会は品川の綺麗なビルでした。そこで初めに人事の山本部長がマイクで挨拶されたのですが、その声が大きい(うるさい笑)こと。地声で十分というくらいでした。その時に勢いのある会社なのかなと思いました。また、社員との対談ではそれぞれ個性が強い人だなと感じました。福井弁を出している人もちらほらいたため、親近感を感じました。説明会の形式は、他社ではきっちりしていることが多かったのですが、三谷商事はすごくフランクでした。その時期はたくさんの企業を回っていたため、その違いに当初若干引きました笑
面接では、「コイツなんか面白いな。何か持ってるな。」と思わせた者勝ちなんだなと、振り返って感じます。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 初期は順調でした。私はES自体、気付けば70社くらい出していました。どの業界も上から3番まではとりあえず出していました(ミーハーなもので)。そんな中早くから面接が始まる会社も2・3社あり(某ベンチャー系企業)、ポンポンと進んでいましたので逆に就活ってこんなものなのか?と不安になりました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 中盤以降はあまり調子がよくありませんでした。1次面接はどの会社もほとんど落ちませんでしたが、3次が最終のところは2次で落ち、4次が最終のところは3次で落ち・・
進むにつれて、落ちるのが当たり前みたいになっていました。そんな中でも最終面接を控えた会社は、私の気分はその会社の社員でしたから、落ちた時はショックでしたね。私は4社最終に行きましたが、内定を頂けたのは三谷商事だけでした。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ どの会社の面接も私の場合、融通が利かない程のバッティングはありませんでした。今回は震災もあり、金融5月〜・商社6月〜といった感じでしたから。三谷商事の場合、最終面接の日程は1週間くらい前に電話でお知らせ頂きましたので、しっかり空けておきました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ ホッとしました。やっと認めてもらえたんだな、と。その後友達からおめでとう!と声をかけてもらい、段々嬉しさが込み上げてきました。そして内定通知書が送られてきた時に、やはり本当に入社できるんだなと実感が湧きました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 決め手は、社風・働き方・給与・人など全てがマッチしていたからです。逆に、こんな近くに私のお目当ての会社があったのかと驚くほどでした。また、筆記試験時点ではそれほど志望度合いは高くなかったのですが、面接を重ねるにつれ志望度がMAXになっていきました。というのも、面接の質問場面において、私がこの女性のOG訪問をしたいと言ったところ、面接中にその方に携帯に電話をかけてくださる方がいて、その場でアポをとりました。「えっ、この会社他社にはないものがある」と感心しました。また、待ち時間でも気さくに社員と話すことができ、そこでも合ってるなーと感じていました。福井と東京に本社があるということも大きかったです。
他社と迷うことはありませんでした。選考が残っていたところは全て辞退しました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 本当に入社したいところがあるならば、しがみついてください。最後の最後は熱意です! そこが落ちたとしても、再チャレンジの電話をかけられるか。この勇気と行動力が問われていると感じました。また、社員の方を味方につけることも大事なんではないでしょうか(三谷商事ではそう感じました)。
就職活動は答えがありません。2chのスレ等では、就職の勝ち負けについて色々言っていますがそんなの自分が決めることであって、比較するものではないです。内定してからがスタートです!周りにたくさん内定を貰ってる人がいても、最終的に皆1社にしか入れません。就活は悩み苦しんだ人のほうが、今後が期待できる気がします。だから皆さんも大いに悩んで成長してください。そして気持は前向きに!「私を採らなくて誰を採る!?私を採らないなんて、そんな会社損するだけでしょ。」という風に。では共に働ける日を楽しみにしています!
寺島卓 慶應義塾大学 商学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 私は人と人とを結びつけ人と関わり合いながら仕事ができる。海外で活躍できる。幅広いビジネスフィールドが存在する。経営に携わるチャンスが多くある。といった観点から商社に入社したいと就職活動を始めた時から思っていました。また、自動車や大きなものに興味があったため、重工業系メーカーにも興味を示していました。私はミーハーだったため漠然と五大商社を第一志望群に掲げていました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 私は福井県出身で幼いころから三谷商事の存在を知っていました。商社であったことや、父などからいい会社であるということを聞き、この会社は絶対に受けようと思い10月1日にすぐにエントリーしました。リクナビからエントリーできたのでとても楽でした!
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 福井県に本社を構える商社。正直、福井本社の外観がそこまで美しくなかったのであまり大きな会社ではないと思っていました・・・ パンフレットやマイページを見た限りではなかなか個性的な会社だなと思っていました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 年末に福井で行われたセミナーに参加させていただいた際、初めて社員さんの雰囲気を感じました。活気があり、生き生きと自分の仕事について語っていたことが印象的でした。説明会も同様に社員の雰囲気がよく、この時から自分はこの会社に入社するのではないかという気がしてなりませんでした(笑)
OB訪問は大学の先輩を訪ね、三谷商事のことについて深く知ることができましたし、若手のうちから任せてもらえる仕事の裁量が非常に大きいと感じ、この会社なら自分自身が絶対に成長できると強く思いました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 私は商社に行きたいと思っていましたが、まずは自分の視野を狭めてはいけないと思い、業種、規模、有名無名を問わず興味があれば様々な会社のセミナー、説明会に参加しました。金融、メーカー、マスコミなどいろいろな会社を見て回りましたが、やはり自分には商社しかないと強く思いました。そして、いろいろな企業の方にアポイントを取ってOB訪問をしていました。セミナーでこの会社の話をさらに聞きたいと思った時はセミナー終了後、少し残って話を聞いた後で名刺をもらったりなど積極的にOB訪問のアポイントを取っていました。ゼミやサークルの友達からは「肉食系就活生」と言われていました(笑)
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 私たちが就職活動をした時は東日本大震災の影響で面接の日程が各社先延ばしになってしまいました。そのため、4月、5月はモチベーションを保つのに大変苦労しました。自己PRや志望動機も考えていたのですが、本番までに形にできず、ぶっつけ本番のような形で面接に挑んでいました。二次面接、最終面接は集団面接だったので、先に話した学生がなかなかのつわもので若干委縮してしまい、本来の自分を出せなかったように思います。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 私は三谷商事で他社とバッティングしたことはありませんでした。三谷商事の志望度は高かったため、三谷商事から内定が出た後は5社くらいしか受けませんでしたので特にバッティングはありませんでした。バッティングした場合は自分の志望が高いほうの面接に行っていたと思います。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ まだどこからも内定を頂いておらず、最終面接もあまり納得のいく受け答えができなかったので落ちたのではないかと不安に感じていました。連絡が来たときは本当にうれしく、一安心しました。そしてこれで社会人になれるんだと思い、社会人として立派な男になってやると誓った瞬間でした。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 私は内々定を頂いたり、最終面接の結果を待たずして辞退した企業がいくつかありました。その中には商社や海運、メーカーなど幅広くありました。いずれの企業も海外で働くチャンスがあり、採用人数も10人程度の企業でした。しかし、健全な財務体質やこれから新しい事業を展開していこうという姿勢、海外はまだ発展途上の分野なので0から開拓を進められる。三谷商事の社員の魅力を強く感じたこと。そして最も考えたことはどの企業で自分が最も成長できるのかという視点です。三谷商事なら絶対に自分が成長できる環境がある、若手のうちからバリバリ仕事ができる。魅力的な社員の方たちと自分の目標を達成できると思いました。そして自分に対してものすごく熱心にアプローチしてくれた専務や人事の方々の期待に応えたい!と思い、三谷商事に入社することを決めました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ (1)まず、業種、規模、有名無名を問わずいろんな企業を見てください。いろんな企業の話を聞けたり、本社オフィスに入ることができるのはこの就職活動の時期だけです。就職活動を一種の社会勉強だと思って活動したらきっと楽しいはずです。私自身も就職活動は涙を流しながら思い悩んだこともありましたが、総じて楽しかったという気持ちのほうが大きいです。就職活動って実は楽しいものですよ!
(2)多くの社員の方に会ってください。私自身27人のOB・OGの方にOB・OG訪問をしました。第一志望であった商社に入社するという夢はかないませんでしたが、このOB・OG訪問は決して無駄ではなかったと感じています。OB・OG訪問をした回数が多いから内定がもらえるというものでは決してありません。しかし、会社のことや社員の雰囲気を知る絶好の機会ですし、社会人とお話するだけでも面接の練習になります。また、就職活動に対する考え方も深まり、自分は何がしたいのか知ることのできる良いきっかけとなります。
(3)就職活動は受験と違って一方がもう一方より賢いから、能力が高いからといって内定を貰えるものではありません。就職活動は本当に御縁だということを強調して言いたいと思います。私は三谷商事をはじめ、最終面接まで進んだ企業はすべて説明会やセミナーの時にここは自分の雰囲気に合っていて、面接もきっとスムーズに進んでいくのだろうと根拠のない自信を持ちました。面接の秘訣(?)はありのままの自分をさらけ出すことと、後はその企業に対する熱意だと思います。しかし、就職活動は内定を取ることがゴールではありません。内定はスタートです。私は就職活動とはこれから先何十年を見越した活動だと思って取り組むものだと思います。そうすると自分がやりたいことができる企業、一緒に働きたいと思える社員さんがいる企業がおのずと見えてくるはずです。
皆さんの就職活動成功を心より祈っています!
永橋諒 東京大学 文学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 自分の可能性をつぶすことがないような就職をしたいと考えていた。
就職活動をするといっても、所詮自分は大学生という身分でしかなく、正直、自分にはどのような特性があるのか、どのような職業が向いているのかがわからなかった。そこで、就職活動をするにあたって、業種や業界を絞って就職活動をしてしまうと自分の可能性を削ってしまうことになってしまうと考えたので、できるだけ多くの企業の説明会に参加するようにした。また、漠然とではあるが、将来は海外で働いてみたいという思いがあったので、商社に惹かれていた。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 福井出身ということもあり、就職活動を始める前から三谷商事の存在は知っていた。父親から「三谷商事はいい会社だ。」ということを何度も聞いていたし、実際に自分で調べてみても魅力的な会社だったので、エントリーしようと考えた。また、商社で働きたいという希望があったことも三谷商事にエントリーしようとした要因の1つだと思う。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 無借金経営。福利厚生(住宅手当)がすごい。頑張れば、頑張っただけ報われる会社。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 熱意に満ちている人が多いなと感じた。
面接に関しては、唯一社長が面接官として登場したので、かなり緊張した。
また、社員の方と面接後にお話しさせていただいたときに、自分のやりたいことが会社の利益につながるなら、いくらでもチャレンジさせてもらえるんだなと実感した。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 東日本大震災の影響で予定がほぼ白紙になってしまい、過去の先輩たちの情報などが殆ど無意味なものになってしまったので、「これからどうなってしまうんだろう」という思いが強かった。エントリーシートに関しては、提出した企業の9割近くが選考に通過していたので、その部分に関しては自信を持っていた。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 待合室にいる時が一番緊張し、いざ面接が始まるとあとは話をするだけなので、あまり緊張することはなかった(最終面接を除く)。手ごたえを感じた面接で落ちていたり、「全然ダメだ」と感じた面接が通っていたりと、面接結果に疑問を感じることが多々あった。しかし、何回か面接を重ねていくうちに結果に一喜一憂していてもしょうがないと考えることが出来るようになったので、幾分気持ちが楽になった。就職活動中はサークル活動などから離れる友人も多くいたが、私は、ストレス発散を兼ねてバレーボールサークルにしょっちゅう顔を出していた。結果としては、ストレスをため込むことなく就職活動を続けられたので、よかったのではないかと思う。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 極力バッティングをしないように、午前の早い時間や、午後の最後の時間に予約するようにしていた。どうしようもなくバッティングしてしまったときは、先に予定が入っていた方を優先し、電話で自分のミスで予定が被ってしまったことを正直に伝え、予定を変更してもらえないかお願いした。ほとんどの場合は、正直に話せば変更してくれると思う。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 震災の影響もあり、内定通知をいただいたときには、初めて合同説明会に参加してから1年が経っていたため、「ようやく決まったな」と考えると同時に、かなりほっとしたし、うれしかった。しかし、それ以降も面接などの予定が入っていたし、途中でやめるのは嫌だと考えていたので、「残りの面接も精一杯頑張ろう」と考えていた。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 山本課長から定期的に電話をいただくなど、私という人間をすごく買ってくれていると思えたので、三谷商事を選んだ。総合商社のM商事にも興味があり、そちらの最終の結果が出るまで返事を持っていてくるなど、かなりわがままを聞いていただけたところにも企業としての器の大きさを感じた。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 自分が自分を知らなければ、相手に自分を知ってもらうことはできません。自分自身と向き合うということは、自分では掘り下げたくないなと考えていた部分も掘り下げていくことになるので、おろそかにしがちですが、そこを恐れずに、「自分とは何か」ということを考え続けることが一番大事だと思います。自分を知ればおのずと志望動機や将来何がしたいかということも明確になるはずです。就職活動は自分の将来を決定する大きなイベントなので、自分から目をそらさずに、しっかりと向き合って頑張ってください。
中山怜子 早稲田大学 人間科学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 人の生活を支える仕事、魅力がある人(会社や仕事が好きで楽しんでいる、誇りを持って働いている、情熱がある)がいる会社で働きたいと、ぼんやりと考えていました。職種はしぼらずに、様々な仕事を見てから決めたいと思っていました。特に興味があったのは営業もそうですが、社内の人を支える人事や総務の仕事にも興味がありました。人や会社を支える人になりたいと思いました。また、心理学や福祉を学んでいたため、学んだことや考え方を活かせる職業にも興味がありました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 私自身が福井県出身と言うこともあり、子どもの頃から知っている憧れの会社でした。12月に福井で会社説明会があるということを知り参加してみたところ、社員の方がとても魅力あふれており熱い方々で、御社で働きたいと思いエントリーしました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 「勝手にしやがれ」のパンフレットに熱いものを感じました。そして、いったいどのような人がどういう風に働いているのだろう?と、とても強く惹かれたことを覚えています。イメージでは、体育会系の人が大勢いるように感じていました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 一言でいえば「熱い」。イメージ通りでした。ブログやHPを細かくチェックしていたので、12月の説明会で山本さんにお会いしたときは一目で分かりました。ここからご縁が始まっていたのでは・・・とも思います。どの社員の方々にお会いしても独特の魅力的な雰囲気がありました。それぞれの方が個性を持っていらっしゃるという衝撃を受けました。他者とは違い、情熱をもっていらっしゃる方ばかりであると感じ、強く惹かれました。働く事が楽しそうであるという印象を受けました。
また、OG面談でお会いした先輩が本当に素敵な方で、私自身もこの方のようになれたら!と感じました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ サークルの幹部をやっていたことやゼミの研究もあり、就職活動とどうバランスを取るかに苦労していました。ただ、説明会だけ多く参加しました。自分自身で感じることが大切であると考えていたからです。そして、他者の選考が進んでいるのと同時に、御社の説明会に参加していました。正直な所、御社のエントリーシートをあと少しの所で出し損ねて、心から後悔していました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 今年は地震の影響もあり、採用が延期している会社が多かったため、もしかしたら・・・!?という気持ちで御社のHPを見たところ、ちょうどエントリーシートの締め切り日でした。どうしても御社に入りたいと思い、これはチャンスだ!と考え、気合いでエントリーシートを書きました。そして、どうにか合格するように祈っていたところ、次の日に結果がきて喜んでいたのを覚えています。また、面接では面接官の方(特に山本さん)が親身になって話を聞いて下さり、緊張はしつつもリラックスできたと思います。とにかく自分らしさということで、「笑顔」だけは忘れないようにしていました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 幸いなことに、バッティングすることはほとんどありませんでした。バッティングしないように上手く調節していたと思います。どうしてもバッティングする場合は優先順位をつけていました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 「嘘?!本当に??」というのが素直な感想でした。まさか内定を頂けるとは思わなかったため、本当に嬉しくて言葉に詰まってしまいました。父に電話で報告し「良かったな、おめでとう!」と言葉をかけてもらって初めて、内定を頂けたことを実感しました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 私は他社のメーカーから内定を頂いていたのですが、魅力的な御社の社員の方々にお会いし、ご縁を感じていたため、また、将来的な事業内容に携わりたいと強く考えていたため、御社に決めました。何よりも、内定を頂けることが奇跡だと思い御社に決めました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 業界は絞らずに、視野を広げた方が良いと思いました。そして、HPやパンフレットだけでなく、実際に自分の足を使い目で見て体感することはおススメです。また、どんなに小さな出会いもご縁だと思い、そのご縁を大切にするときっと良いことがあると思います。就職活動は「ご縁」と「一期一会」だと思います。最後に、私は友人に本当に助けられました。就職活動中の気分転換や友人との会話は自分自身を支えてくれると思うので大切にして下さい。
西川拓哉 広島大学大学院 工学研究科
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 大学では情報工学を学んできたので、IT関係の職業に就きたいと考えていました。漠然としていますが、自分の仕事で人々の生活が変わるような大きなことやってみたいという気持ちもありました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 福井県出身ですので、三谷商事の名前は子供の頃から知っていました。就活サイトで企業の情報を見て回っているときに三谷商事を見つけて、情報システム事業も手掛けていることを知り、エントリーしました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ グループ企業が多いため「大会社」というイメージがあったので、実力主義で上下関係が厳しそうだなと思っていました。また、一見つながりのないような様々な分野の事業を展開していて、よくわからない会社だなという印象もありました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 説明会ではにぎやかで熱い人が多いなという印象でした。質問会の時に直接話してみると、気さくで親しみやすく、どの人からも仕事に対する情熱が感じられて、この人たちと一緒に仕事をしてみたいと思いました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ できるだけ直接話を聴く機会を作ろうと、日程が合えば積極的に説明会に参加するようにしていました。序盤は自己分析が十分でなかったせいか、履歴書やエントリーシートを書くのに非常に苦労していました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 初めての面接が三谷商事だったので、1次面接ではガチガチに緊張していましたが、人事の方がペースを合わせて下さって、なんとか自分の考えを伝えることができました。2次以降は他社の選考が進んでいたこともあって、面接にも慣れて落ち着いて話せたと思います。面接ではとにかく自分に自信を持って、これまでやってきたことや考えていることを、ありのままに話すことを心掛けていました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ バッティングすることはありませんでした。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 「ほっとした」というのが第一でした。「内定」の言葉を聞いて安心した一方で、あまり実感がなく、駅の待合室でしばらくボーっとしてしまいました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 選考が進むにつれて、自分を評価してもらえていると感じられたというのが三谷商事に決めた大きな理由です。また、他の志望先に比べて、個人の裁量が大きく自分のやりたいことができそうだと感じたのも理由の一つです。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 一番大切なのは「誠意」だと思います。説明会で志望企業を理解するにも、エントリーシートや面接で自分を理解してもらうにも、誠意を持って、常に相手のことを考えながら取り組むことが大切だと思います。
もう一つ大切なことは「自信」です。就活をしていると、自分より遥かにすごい人に出会ったり、他人の成功談を耳にしたりすることがたくさんあると思います。でもある程度「他人は他人」と割り切って、自分の経験や考えに自信を持って、堂々と「自分の道」を貫くこと。きっと道は開けてくるはずです。
いろいろ偉そうなことを書きましたが、体調には気を付けて無理のないように頑張ってください!
堀部康士 関西学院大学 理工学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 「人間くさい」環境で働きたいと常に考えていた。そのなかで、「人しかいない」商社が最も「人間くささ」が味わえると思い、商社の営業職に絞っていた。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 学内で全国有力企業セミナーの一覧に掲載されており、HPの「勝手にしやがれ」・「実力主義・放任主義」という言葉に惹かれ、エントリーした。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ 手を挙げた者に任すという自発性が尊重され、「出る杭は伸ばす」という言葉でその姿勢を全面に押し出す面白い企業というイメージを持っていた。また、行動を起こすことを重要視するという点が印象に残った。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 「人間くさ!」と思った。
多くの社員の方が説明会に参加されており、良い面だけでなく、悪い面も、楽しいことも、辛いことも、すべて楽しそうに話されているのを見て、単純に魅力を感じた。また、社員訪問をさせて頂いた時の、「会社に引っ張ってもらおうと思っている人は向いてないよ」という言葉に、一人ひとりの可能性が試される環境だと感じた。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 就職活動を「期間限定イベント」と考えていたので、常に楽しむことができた。エントリーシートや面接では落ちるわけがないという根拠のない自信があり、数社に絞って就職活動をしていたので、ほとんどの時間を自分自身を見つめ直すことに充てることが出来た。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 一次面接をしてくださった市村様に社員の方を紹介してもらい、内定が出るんじゃないかと勝手に考えを膨らませていたが、最大の準備と、質問の意図を理解すること、誰にも負けない「自信」を忘れずに面接を楽しむことに集中していた。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ 他社とバッティングすることはなかった。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ 「やっぱり!」と思うと同時に、気が引き締まる思いがした。その場ですぐに捺印して、残りの学生生活をいかに楽しむかを考えた。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 初めから数社に絞っていたので迷うことは少なかったが就職活動の後半に専門商社1社と迷い、決め手となったのは「選択肢の多さ」であった。多角化された事業領域と出る杭は伸ばすという環境下でなら、多くの可能性を伸ばすことが出来るのではないかと考えた。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 常に相手の立場になって考えてみてください。自分が社長なら…、自分が採用担当なら…、自分がエントリーシートの質問項目を作るなら…、自分が伝えたいことを熱く語ることも大切ですが、相手の意図を理解し、本当に聞きたいことは何なのかを深く考えてみてください。自分に素直に、就職活動という「期間限定イベント」を楽しんでください。
持田亨平 明治大学 経営学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ ただ人と話す事が好きという理由で漠然と営業をやりたいと考えていました。また、ずっとラグビーをしていて、厳しい環境で最も成長できると思っていたので、忙しそうな企業を選んでいました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 1月頃、リクナビで適当に検索をしていたら見つけました。また『勝手にしやがれ』というキャッチフレーズにとても惹かれてエントリーをしました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ ただ福井に本社がある会社、『勝手にしやがれ』から自由な社風だろうということ以外は知りませんでした。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 全体的に話しやすい社員の方が多いという印象を受けました。特に、OB訪問でお話しさせて頂いた方は、質問に対して隠すことなく本音で答えてくださり、こちらからも気兼ねなく質問することができました。
このOB訪問で志望度が一気にあがりました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 初期は地震の影響で、祖父が住んでいる福島県いわき市でボランティア活動をしていて、就職活動はしていなかったです。
中盤にかけて徐々に活動を再開しましたが、もともと受けている企業が少なく面接などがあまり無かったので企業研究ばかりしていました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 毎回あがってしまって、自分が思っているように喋ることができなかったです。
最終面接は面接官が5人で威圧感がすごかったのですが、一人だけ笑顔で話を聞いてくださる方がいたので、その人に話しかけるように一生懸命喋っていました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ (5)で書きましたが、もともと受けている企業が少なかったので、バッティングすることはなかったです。
もしバッティングしていたら、自分が行きたいと思う企業を優先し、志望度が低い企業に調整をしてもらったと思います。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ とても驚きました。最終面接で残っている学生が多く、みんながとても優秀でやけくそになったのを覚えています。
内定通知の電話を頂いた時に、嬉しさのあまりに雄叫びをあげてしまいました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ OB訪問が決め手でした。社員の方が明るく、面白かったので私もここで働きたい、ここの環境なら忙しくて辛い事があっても乗り越えられると思いました。
他社と迷うことはありませんでした。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ いろんな情報に惑わされないことだと思います。セミナーや説明会に行くと、いろんな人に違うアドバイスを貰うことがあると思います。それを自分の中で取捨選択をし、自分に必要である情報だけを取り入れることが重要だと思いました。
自分のペースで就職活動は頑張ってください!!
柳谷紳 明治大学 理工学部
Q1・ 就職活動を始めるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢など。
A1・ 当初はこれといってやりたい事がありませんでしたが、やりがいがある仕事をしたい、人の役に立ちたい、大きな仕事がしたい、漠然としていました。行動する事が好きで、社会に出てバリバリ働きたいと思い商社志望でした。その中でもインフラ事業であるエネルギーに興味を持ちました。
Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、またエントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 1月の中旬くらいです。志望が商社業界、エネルギーでしたのでエントリーしました。
三谷商事のキャッチフレーズに興味を持ち惹かれました。
Q3・ 最初のころ持っていた三谷商事の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどからの)は?
A3・ ホームページなどでは、とにかくキャッチフレーズが面白かったので明るくて元気のある、個性のある会社なんだろうと思いました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、初めて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の印象・イメージはどうだったか、又は説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 説明会に参加して、私の就職活動に!人生に大きな影響を与えました!
この会社で働きたいと思いました。他の企業の説明会とは何か違う雰囲気!?を感じ、社員の方がとても活き活きしていて、この人達と働きたいと思いました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 自分がやりたい事は何か?少しでも興味を持てばとにかく説明会に参加しました。
たくさん足を動かして行動しているうちに得られるものがたくさんありました。とにかく行動するという事を心がけていました。そのうち、自分のやりたい事が見えてきました。
面接をしていて、何故落とされたのか分からないことがありました。通る企業もあれば、
落ちる企業もある。落ち込みますが、くよくよしてられませんでした。企業との相性、縁があるんだなと感じました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)印象、面接を受ける時(受けている時)の状況、心境などはどうでしたか?
A6・ 三谷商事が第一志望でしたので、気合いを入れて臨みました!!笑
毎回、面接の前後で人事の方が優しく話しかけてくれました。面接では、素の自分を伝えようと心掛け精一杯頑張りました。選考が進むにつれて、自分の意志も固まり、御社で何がしたいのかなど明確になりました。面接官の方も真剣に私の話を聞いて下さり緊張はしましたが自分の想いをぶつけました!!最終はかなり緊張しました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッテイングした場合はどうしましたか?
A7・ バッティングしないようにスケジュールを調整しました。優先順位を考えました。
Q8・ 内定通知の第一報を受けたときにまず感じたこと・感想。
A8・ とにかくホッとしました。御社第一希望でしたのでとにかく素直に嬉しかったです!!
これでやっと就職活動が終わるー!!と思いましたね。笑
御社で働くことができる、あの一緒に働きたいと思った人と働けるんだと、期待感が強まりました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか、三谷商事に決めた決め手はなんだったか。
(複数の企業から内定をもらった人はできれば具体的な企業名をあげて答えてください)
A9・ 御社第一希望でしたので迷わず!
自分のやりたい事業ができるということ、セメント営業日本一ということ。
何よりも社員の方に惹かれ人の魅力を感じました。

御社ともう一社内定を頂きました。物流の専門商社です。
最終の日程が同じ時期でしたので受けていましたが。
御社に内定を頂いてからはその他の企業はすべて辞退しました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 就職活動はなるべく早くする事をおすすめします。一度きりの就職活動、初めての就職活動。初めての事で分からないことや知らないことが多々あると思いますが、時間は待ってくれませんし一発勝負です。自分自身、後で後悔することがよくありました。そのためにも、自分が何をしたいのか?自分がどういった人なのか?業界研究や自己分析などをしっかり行い、早いうちから知識をつけておいた方がいいと思います。とにかく行動して、自分の足を動かして自分の目で見て、そして自分で感じて、行動すればきっと何か得られるものがあります。就職活動に対する自分の軸を大切にしてください!!企業に自分を売り込むということ、楽しく就職活動頑張って下さい!!楽しんで!!後悔しないように精一杯やりきりましょう。
次のページへ
このページのトップへ
このページのトップへ
Copyright(C) 2006 MITANI CORPORATION All Rights Reserved. お問い合わせ