MITANI CORPORATION RECRUITING 2007 採用ホームへ 三谷商事ホームへ
三谷商事株式会社
CONTENTS MENU
創業92年。ベンチャーです。【事業内容】
職種別採用の理由【事業内容と採用データ】
9年連続増益、無借金経営企業【会社概要】
実力主義。放任主義。【人事・教育制度】
先輩メッセージ【未来のライバルたちへ】
人事山本就勝道場【FAQ】
勝手にしやがれ【SPECIAL CONTENTS】
ENTRY
Wha't NEW
2017年1月16日
採用ホームページを更新しました。
就職活動記2006(2005年内定者)
ドウシタ
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

私は、高専、大学と土木を専攻していましたが、土木にこだわらず視野を広げることで本当に自分のやりたい仕事を見つけようと考えていました。就職活動を始めた当初は、「何かものづくりがしたい、人の役に立つ仕事がしたい」と漠然としたものでした。そんな時、SEという職種を知り非常に魅力を感じたので、是非やってみたいと思うようになりました。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、ま た、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 三谷商事の名前は知っていましたが、特に何をやっている会社なのかは知りませんでした。そんな中、大阪の合同説明会で三谷商事が情報系の事業に取り組んでいることを知り、エントリーしようと思いました。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・ 「出る杭は伸ばす」というやり方を堂々とアピールしていたので、若手でも充分に活躍できる会社なんだと感じました。負けず嫌いの私には、非常に興味を引くアピールポイントでした。
Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 皆さん、福井の方言を多彩に使っており、なんだか癒されました。私も福井の人間なので、何か親近感を覚え、面接などでは他社よりも緊張しませんでした
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・ 初めは業界にこだわらず、興味を持った会社の説明会に参加していました。次第に、自分に適しているのはSEだと思い、SI企業に絞るようになりました。そこで、毎日が会社説明会や一次面接といった日々でした。あと、私は大阪を中心に就職活動をしていたので、金沢、大阪、福井を行ったり来たりで、お金がたくさんかかりました。
Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・ 選他社に比べ、人事や社員の方達と学生との距離が近く、非常に雰囲気のいい会社だと感じていました。全体的に飾る様子もなく、ありのままの自分を出すことができたと思います。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・ なるべくバッティングしないように調整していましたが、そのような状況になったときは、できるだけ予定変更をお願いするようにしていました。 。
Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 何かの縁があってか、早々に内定を頂き、初めは実感が沸きませんでした。内定が出たということは、自分を必要としてくれていること。それは非常に嬉しかったのですが、正直迷いました。まだ、他社の選考も残っていましたし、自分が最後まで納得してから決断しようと思っていました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 何よりも会社全体の雰囲気が自分にあっている気がしました。大学の先輩など、社員の方達と直接お話をさせていただいたのですが、皆さん本当に明るく、人のいい方達ばかりでした。全く飾る様子がなく、自分もこの中で働きたい!と思うようになりました。  また、技術面に関しても、他社に劣っていないと伺い、それも強みだと思いました。これから、情報事業をどんどん伸ばしていくといった印象を受けたので、やりがいもありそうですし、負けず嫌いの性格ですから、他社には絶対負けない!とやる気を出させてくれました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 最初に言えることは、大学の専攻にこだわらず、視野を広げることが大事だと思います。これから何十年も働いていくのですから、そこでしっかりと勉強すればいいと私は思います。かといって、大学で学んだ知識もきっとムダにはならないはずです。可能性は無限にあると思うので、少しでもある可能性を信じて、最初はいろんな業界を見てみてはどうでしょうか。 あと、就職活動は、ただ自分の働く会社を決める活動という考えはやめましょう。私は就職活動を思いっきり楽しんでいました。自分という商品をどう売るか、どうすれば気に入ってもらえるのか常に考えていました。就職活動はよくお見合いと同じものと言われますが、その通りだと思います。自分にとっていいお見合い相手が見つかるように、今から自分を磨いていきましょう。そして、自分に自信が持てるようになれば問題ないと思います。。
本明 卓也 静岡大学大 学院情報学研究科卒 (情報ソリューション事業部 東京支店 東京営業部 東京テクニカルソリューション課)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

最初考えていたのは将来人の上に立つ人間になりたいということです。で、社会に出た時、それは何かを考えると会社の社長になることがそうだと考えました。 社長になるためには、商社に入って自分を高めたい。結果としてトップになりたいと考えました。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、ま た、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ リクナビで商社を見ていた時にたまたま目に入り、とりあえずエントリーしようと思ってしました
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・ 最初、自由にやらせてくれそうな会社だと感じました。
あと先輩から何気なく三谷はいいぞという事を聞いていたのでよいイメージを持っていました。
Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 一番は社員の皆さんがとても仲良く、楽しく働いているのが伝わってきました。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

とにかくいろんな会社の説明会を回ってみようと思い、時間があれば行っていました。面接ではそれほど緊張することもなく、順調に選考が進んでいました。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・ 三谷商事の面接は集団面接で、面接官の人数も多かったので、自分の中ではかなりやりにくい面接でした。どこを向いて話していいのか迷いました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・ 他社にまず相談して日程を変えてもらいました。だいたいの場合変えてもらえました。
Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ びっくりしました。最終でうまく話せなかったと思っていたので。でも安心しました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 決めた理由は一番は自分の体質が三谷に合っていると感じたことです。この会社なら 楽しくやれる、力を発揮できると感じたからです。迷った点は自分が見栄っ張りなので、名前が売れている会社、または給料が良い会社にしようかと迷いまし た。某大手総合商社、某大手鉄鋼商社は名前があるので迷い、某通信会社は給料が良かったので迷いました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 就職活動をあまり難しく考えず、あり のままの自分で面接に挑めば自分と合う企業が必ず見つかると思います。あと、筆記の勉強をすればいいと思います。自分がやらなくて後悔したので。
本明 卓也 静岡大学大 学院情報学研究科卒 (情報ソリューション事業部 東京支店 東京営業部 東京テクニカルソリューション課)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

当初はどのような職業でもいいから、院に進んだということを活かすことのできる職業を目指していました。しかし、ただパソコンに向かってプログラムを書く だけよりも、システムを丸々一つ作るほうが、達成感も大きいので、そのような仕事ができる職に就きたいと思うようになりました。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、ま た、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 3月初旬に知りました。地元にある企業で就職を考えていたので、ネットで調べたところ、自分のやりたいことと一致しているようだったのでエントリーしました。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

様々な事業を展開しているなあと思いました。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・ 人事担当の方が活き活きしていたのが印象的です。説明会が始まる前など、緊張をほぐす為(?)に話し掛けていただいたのもイメージUPだと思います。
Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

特に焦りはありませんでしたが、落ちた連絡を受けると精神的に滅入ってました。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・ 重役の方々との面接はかなり緊張しました。5,6人の方が目の前に並んでいて、圧巻でした。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

特にありませんでした。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 連絡が早かったので驚きました。ホッとしたの一言です。そのあとじわじわ嬉しさがこみあげて来ました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ ・希望する勤務地で働けるかどうか
(SEという仕事でやりたいことができるのはだいたい同じでした)
・会社の最近の業績
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 面接など、就職活動はとにかく経験です。また(転職を考えない限り)活動できるのは、今のうちだけなので、全力で自分自身をぶつけて臨んでほしいと思います。
高塚広太郎 東京理科大学理工学部卒 (情報ソリューション事業部 東京支店 東京営業部 東京営業課)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

就職活動を始めた当初は特に職種は決めておらず自分が面白いと思った企業を回っていました。就職活動をしていく中で自分のやりたいことを決めました。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、ま た、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 日時は詳しくは覚えていませんがパソコンのDMで三谷商事のことを知りました。
福利厚生がとてもとてもよかったのでエントリーしてみました。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

正直、最初の頃は何も知りませんでした・・・。パンフを見てエネルギーのある会社だと感じた程度でした。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

大企業には無い独自な印象を受け自分に合っていると感じました。説明会に行って是非この会社に入社したいと思いました。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

この頃になるとSEと商社に絞って活動をしていました。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・ 面白い社員の方が多く、毎回の面接が楽しみでした。さすがに最終面接は緊張しましたが・・・。別の学生が喋っているのに、役員の方に何度か話をふられ困っ た覚えがあります・・・特に株価を聞かれたときは焦りました(笑)
Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

正直に他の企業で面接があると言って時間をずらしてもらいました。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ よっしゃー!!!って感じでとても嬉しかったのを覚えています。正直、最終面接であまり上手くしゃべれなかったので駄目だと思っていました。内定を頂けて 本当によかったです。内定を頂いた後に三谷商事の事を詳しく調べたら思っていた以上にすごい会社でびっくりしました。よく内定を取れたと!!
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 某大手情報通信会社、某大手商社系列情報産業会社からも内定を頂きましたが、自分を一番必要としてくれ、自分と一番相性が良い企業だと思い三谷商事に決め ました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 某大手商社系列情報通信会社、某大手商社系列情報産業会社からも内定を頂きましたが、自分を一番必要としてくれ、自分と一番相性が良い企業だと思い三谷商 事に決めました。
十河 佳典 摂南大学経営情報学部卒 (関西支社 大阪支店)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

商社マンはカッコイイというイメージが子供の頃からあったので、商社に入ろうと思いました。
また大学で環境問題について学んでいたので、環境に関わる商社に入社し、風力発電事業をやりたいと考えていました。入社して芽がでたら、会社に出資しても らい、独立し、社長になってビジネスで成功し、十河家を大きくするのが夢です。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、ま た、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ リクナビで商社で検索していたときに知りました。確か最初三○商事と勘違いしてエントリーしました。(すいません)その後間違っていることに気づいたのですが、『出る杭は伸ばす』というキャッチフレーズに興味を抱き、選考に進もうと考えました。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

1、意外と有名な商社なんだなあ。
2、セメントNo1(スゴイな)
3、情報部門が伸びている。(時代を見る目がある)
4、家賃を出してくれる(社員に優しい)
5、福井で大人気

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

リクナビの合同企業説明会に三谷商事が出ていることを知り、三谷商事の説明を聞くためだけに合同企業説明会に行きました。その時に会ったのが、山本さんと 清水さんで二人とも気さくな感じだったので印象はとても良かったです。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

毎日1〜3件の説明会や選考を受けていました。毎朝9時起床、夕方6時頃まで会社廻り。帰宅後はメールチェックを行い、次の日の会社の研究を行う毎日でした。
毎日大変でしたが、いろんな会社の事や業界の事を知ることができたので、楽しい毎日でもありました。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・ 筆記試験がとても難しかったのには驚きました。絶対落ちたと思いました。でもなぜか受かってました。ラッキーだと思いました。次の面接はマジで頑張るぞ! という気持ちでした。
面接は役員の方々との集団面接で、かなり緊張しました。心臓バクバクでした。素直に日本一のセメント商社マンになりたいと言ってアピールしました。
Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

三谷商事を優先してスケジュールを組みました。他社の選考のバッティングは少なかったのですが、部活の合宿等のイベントと重なった時は部活を優先しました。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 初めての内定通知が三谷商事でしたので、とても嬉しかったです。内定通知の電話で起こされたのですが、一発で目が覚めました。実は夢なんじゃないかと思いました。でも夢じゃなくて良かったです。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ こんな私を認めてくれたので三谷商事に迷わず決めました。三谷商事の選考では、ありのままの自分をさらけ出しました。部活の少林寺憲法が好きだということ、セメント1商社マンになりたいということ、キャバクラでキャッチをしていたこと等本当にありのままの自分をさらけ だしました。ありのままの自分をさらけ出して、それを認めてくれて内定を出してくれたのは三谷商事だけでした。ですので三谷商事に迷わず決めました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 就職活動を始める皆さんに3点だけアドバイスします。
1、中途半端をせずに一生懸命頑張る。一生懸命頑張れないヤツを企業は必要としてません。一生懸命やることは就職活動の最低条件です。
2、就職活動を楽しむ。就職活動中は毎日多くの知識、多くの体験をします。そのどれもが新鮮で、刺激的で、日々自分が成長できるのを実感できます。自分の 成長を楽しんでください。
3、落ちても悩まない。就職活動ではほとんどの人が落ちます。落ちてもくよくよ悩まずになぜ落ちたかを良く考え、素早く次の行動に移って下さい。
一般的なアドバイスしかできませんが、上記のことを胸に留め就職活動をがんばって下さい。
白鳥 裕介 福井大学大学院工学研究科卒 (情報ソリューション事業部 北陸支店 福井営業部 営業2課)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

希望職種としては、やはり大学、大学院で学んだことを少しでも生かせる職種、そして自分自身、数学や物理など理系の方が得意であると考えていたので、 SE、プログラマ、研究者を職業としていきたいと考えていました。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、ま た、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 貴社のことは就職活動をする前から知っていました。その後リクナビで貴社の事業内容や業績、福利厚生を学び、もっとよく知りたいと思いましたので、金沢での合同説明会にて貴社の説明を聞かせていただきまし た。その時に貴社へのエントリーを決めました。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

やればやるだけ評価してもらえる会社
成長企業
忙しい会社
福利厚生がしっかりしている会社

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

私が始めて貴社の社員とお話させていただいたのは、人事部の横山部長でした。とても楽しい時間を過ごさせて頂きありがとうございました。その時に、貴社の だめ出し話をして頂いたのが、驚きました。他社では、そのような話はありませんでした。その時に、三谷商事は何でも話し合える雰囲気を感じ好印象でした。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

まずは、いろいろな企業のことを知るところから始めました。企業間の比較を行う為に必要だと考えたからです。試験の最初の頃は、筆記試験が大半であったの で、SPI、CAB、GABの問題集を買い、問題に慣れ、対策を考えていました。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

選考が進むにつれ、重役の方による面接となっていきましたが、他社と比べて、学生の話をよく聞いて下さっていたことが嬉しかったです。ただ、(1)面接中 に役員が出入りすること(2)指定された時間になっても面接が始まらなかったこと、この2点は学生にとってマイナスイメージになったのではないかと思いま す。選考を通過するにつれ、絶対受かってやるという想いが強くなる反面、緊張感も大きくなっていきました。

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

バッティングはしませんでしたが、もしそうなったら、
1、両方に行く手段を考える
   ・片方の説明会の日程を変える
   ・電話で次の説明会の予定を聞く
2、優先度の高い企業に行く

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 正直「信じられない」って感じでした。最終選考会において、手ごたえがなかったので。しかし、選考会の回数が多い貴社から内定を頂けたこと は、私の自信になりました。そして、第一志望の企業に入社できる喜びから、今現在、とても充実しており、入社後も「やってやるぞ」という意気込みでいっぱ いです。今後とも宜しくお願い致します。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 内定を頂いた企業:三谷商事、携帯電話会社、某ソフトウエア会社
三谷商事と比較して
   某携帯電話会社は
     (1)技術職として入社しても、営業色が強いらしい。
     (2)携帯業界に限界を感じる。
   某ソフトウエア会社は
     (1)会社としての規模が小さい。
     (2)給料、福利厚生に差がある。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ ・明るく、元気よく、笑顔で話す!
これにつきると思います。他には
・面達(面接の達人という結構知名度のある本)を読まない。
・嘘をつかない
でしょうか。面達には、他の人とは違ったことを言ったほうがよいと書いてありました。他人とは違った自己アピールとなる実体験があればいいのですがそうい う体験がないが為に無理矢理嘘をついて、つっこまれて、つまってしまうよりは、他人と同じでもいいから、堂々と自分自身をアピールするほうがいいと思いま す。就職活動を終えてはじめて面達を読みましたが、私の意見とは逆であることが多く、こんなことありえないと感じた内容もありました。就職活動は不安だと思いますが、楽しむこともできます。何人もの新しい友達ができました。辛いことばかりではなかったです。では、健闘を祈ります。
塩田 有宏 立命館大学経営学部卒 (名古屋支店 豊橋営業所)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

みなが知っている物で食品関係の営業がしたいと思っていた。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、ま た、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 毎日就職ナビのマイドラフト箱にメールが届いたから。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

正直全く知らない会社で商社に興味がなかった。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

OB面談で立命館出身の中野さんがこの会社に決めた理由を聞いてすごく興味が湧いた。すごく社員さんは楽しく話をしてくれて、しかも仕事の厳しさや三谷商 事の悪い所などを正直に話して下さった。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

あまり深く考えず、落ちても次、次って感じでした。筆記テストにとてもてこずりました。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

自分よりもしっかりした事をみんな面接で言っているなと思って落ちたなぁって面接の度に思っていましたが、受かっていて、絶対に三谷商事とは何か縁がある と思っていました。

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

選考が進んでいる方を優先しました。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 本当に?って感じで、とても嬉れしかったです。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 決めた理由は選考中でも、山本課長からとてもいい評価を聞かせていただいていて、本当に自分自身を高く見ていただけたからです。銀行も幾つか受けていて、 地元で確実に働くか、三谷商事さんで関西で働けないだろうかという不安があり迷っていました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 就職活動で大事なことは、本当に「勢い」の一言です。
勢いに乗る事ができれば、おもしろい様に選考が進むはずです。
まずはその勢いに乗る為に自分に自信を付ける事。自分自身を信じて選考に臨むことですね。
自分に自信を持って受けにきている人とそうでない人の顔つきは面接官の人達は一見で分かります。ハッタリでもいいんで、一つ深呼吸と大きな声で不安なんて 吹き飛ばしましょう。それが私の助言です。
国京伸太郎 立命館大学経済学部卒 (中部支社 名古屋支店)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

働きやすい環境、社員の活気、若手の積極起用、自主性があるか、という点などを軸に就活を行っていきました。私としては、自分の行動でどれだけの人々に影響を与えられるかというのを図れるものが仕事だと思いますし、直に接する営業という仕事に興味がありました。夢としては、浅はかな段階ですが、自分がリーダーとして新事業を起こせたらいいなと思っています。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、また、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 就活期に入る前から、私は地元が福井ということもあり、「三谷商事」という名前は自然と昔から知っていました。エントリーしたきっかけは、正直、福井で有名だったからです。時期が早い段階だったので、エントリー数を増やすことで頭がいっぱいだったみたいです。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

仕事は厳しく、夜遅くまで頑張っている(三谷ビルが夜遅くまで電気がついているので)
ボーナスは多い。結構、融通がきいて、やりたい事をやらせてもらえるような印象をうけた。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

人事の方と初めてお会いした時は、まず気さくだなあと感じました。引きつけるモノが何かありました。社員の方々は仕事がデキそうな人達ばかりでした。しか し、質問を交わし、話をすることで、ONとOFFをしっかりしていて、メリハリを持って仕事をしているのだなとわかった。面接ではグループでなおかつ、こちら側から話をふくらます感があったので、結構緊張させられました。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

就職活動初期はまず少しでも興味があればエントリーして、なるべくたくさんの説明会を聞きに行くようにしていました。そして、絞った所に面接を受けに行き ました。エントリーシートをまず提出するというスタイルがほとんどでしたから、締め切り日が重なってくると大変なものでした。序盤の山場はコレといって過 言ではないでしょう。中盤に入り、面接が始まりだすと、あとは自分で組んだスケジュールに身をまかす感じでした。多い時は一日三社という時がありました。
三谷商事と他社の次の面接への間隔は別に大きな違いはなかった様に感じます。大変だったのはこの面接だらけのスケジュールの中で、筆記試験の勉強をするこ とでした。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

印象は最初の頃、または説明会などを聞いた時から変わりはしませんでしたが、回を増すごとに、自分の中で、ココで働きたいという気持ちは強くなっていきま した。序盤は緊張してガチガチだったのですが、中盤以降はリラックスして受けれましたし、落とされるという不安もあまり感じませんでした。

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

話で相談しました。日程をずらしてもらえる方に変更をお願いしていました。でも極力重ならないようにスケジュールを組んでいました。どうしても互い に変更が無理な場合は取捨選択です。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 半分は驚き、半分はある程度自信があったので、「やはりな」という気持ちでした。実感が沸くまでは10日間くらいかかりました。それ以降はテンションもあがり、快眠できるようになりました。しかし、最近は、来年から頑張らなくてはという使命感、プレッシャーを少しずつ感じ始めている今日この頃です。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 決め手はやりたいことができそうな点と、自分に合っていると感じたことです。長年働くのだから自分を押し殺してまで働くのは嫌なので、三谷商事の自由なところ はとても魅力でした。他社と迷った点といえば、会社の規模とあとは、正直に言うと年収ですかね。それをふまえて、三谷商事が自分に一番合っていると思い、選びました。他に何社か内定をもらいましたが、企業名をあげるのは勘弁してください。すみません。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ とりあえずは多くの説明会に出向いて、多くの事を知って、自分が興味を持てる分野を絞っていって下さい。興味ない分野の企業のエントリーシートや履歴書の 志望理由はなかなか浮かばず大変ですよ。自分にあっているところ、興味があるところの志望理由はコロコロでてきます。そこがあなたの行きたい会社です。
面接でコレといった攻略法はないのですが、落ちたからといって優劣で落とされたと感じる必要はないですし、そんなことはありません。高学歴でも落とされて いる方々をたくさんみてきたので・・・・。
その会社の欲しい人材に合っているか、合っていないかの問題であり、落とされても「自分には合っていなかったんだ」と思っていればいいです。じゃないと、 乗り越えられません。
自分がなかなか内定をもらえず、周りの友達の中でも私はまだもらえていないという状況がでてくると思います。焦るなといっても無理な事なのでしょうけど、 私の周りにも未だ就活続けている友達や、希望の業界から内定もらうことに苦しんでいる友達がたくさんいます。ちなみにこれを書いているのは6月末です。そ の友人達は焦ってもいませんし、落ち込んでもいません。「将来の事の為なのだから、これくらい苦労せなあかんやろ」と言っています。それくらいの気持ちで みなさんに頑張ってほしいです。
就活を乗り越えると人間二倍くらい大きくなります。(サイズではない)就活を通してみなさん、多くを吸収し、人間として大きくなっていってください。で は、これからのみなさんのご健闘を祈っています。
家市 麻衣子 東京都立大学経家市麻衣子 東京都立大学経済学部卒 (情報システム事業部 ビジネスパートナー営業部)済学部
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

特にやりたい事は決まっていなかった。ただ、地元で就職したいという希望があった。希望職種は自分では決めていなかったが、自分は文系なので、営業職しか ないのかなあと漠然と考えていた。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、また、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 地元の企業だったので、前から三谷商事の名前は知っていた。
エントリーしようと思ったきっかけは地元の企業だから。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

福井の中では大きい企業なのかなと思った。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

明るくて親切でとても好感が持てた。特に、龍野さんと中野さんには会社のいろいろなお話を聞かせて頂いて、とても参考になり、勉強になった。面接のときは、面接官の方が、優しくて、時折笑いがあったりして、アットホームな感じがした。二次面接を一緒に受けた東京の子が「こんな面接は初めて受け た」と言っていた。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

時間のある限り、いろいろな会社の説明会や、合同説明会に参加した。この時点では、企業を最初から絞り込んでしまうのではなく、一つでも多くの企業のこと を調べ、話を聞いた。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

御社は予想外にも好感触だったので、志望度が高くなっていった。面接のときは、少し緊張したが、面接官の方々が真剣に話を聞いてくださり、また親切な感じ だったので、すぐ普通どおりに戻った。

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

できる限り日時を変更してもらった。それでも無理な場合は、志望度の低い企業をキャンセルし、または辞退した。しかし、実際に説明会や面接がバッティング したことは、1、2度しかなかった。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 正直にいうと、やっぱりなという感じだった。そして、よかったと安心したが、その前に他社からも内定をもらっていたため、どうしようかという不安がすぐに 襲ってきた。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 御社の前に、某銀行から内定を頂いた。だから、御社に内定を頂いた後、以下の点から自分なりに考えた。
・仕事内容・会社の雰囲気・残業・給料・勤務地・転勤の有無・休暇など。また両親や親しい友人とも相談して御社にきめた。一番大きな決め手は御社の自由なところだ。銀行業務よりは幅の広いいろいろな仕事ができて、やりがいがあ るのではないかと考えたからだ。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ は実際あまり多くの数を受けていないので、あまりえらそうなことは言えないが、就職というのは企業と自分との相性で決まるものであって、自分の入りたい 企業と自分が好感触を得る企業は必ずしも一致しないと思った。
青木 大輔 日本青木 大輔 日本大学法学部卒 (東京支社 千葉支店)大学法学部
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

・人材(派遣、コンサルティング)
・商社(総合)
この二つの業界に20代の社会人としての成長スピードが早く、また営業職をやることで多くの業界の方々と会うことができ、学ぶべきことが多く見つかると思 い、二つの業界を中心として就職活動を行おうと思いました。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、また、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 以前より知っていましたがエントリーしたのは11月頃だと思います。リクナビで拝見させて頂き、また御社のホームページを見て、建材部門において絶対的な強みを持っている点、安定した企業運営に魅力を感じてエントリーさせ て頂きました。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

正直、歴史ある会社ですので、堅いイメージを持っていました。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

堅いイメージを払拭していただいたと思います。
若い社員の方の仕事内容も聞くことができましたし、入社してからの像もなんとなくですが見ることができました。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

積極的に会社研究をすることで、御社に対する想いも強くなりましたし、逆に調べることで辞退を考えた会社も増えましたので、中盤からは進みたい方向性も定 まっていましたので、自分としては田井へ順調な時期だったと思います。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

自分が御社で受けた面接は常に集団面接でしたので、周りの学生の発言に惑わされないよう、自分の考えをしっかりもって受けさせていただいてました。また質問されたことに対し、格好つけずにわからない点はわからないといいましたし、主張すべき点については、思った通りのことを言えました。

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

他社を辞退していました。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 素直にうれしかったです。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ ・若手社員に仕事をどんどん与えていただける環境
・業界1部門があるという絶対的な強み
・個性豊かな会社、社風であること
・福利厚生がしっかりしていること
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 「自分の一生を決める岐路」という言い方は転職が多い現在においてあまりにも古臭い言い方かもしれ ませんが、私はそういった考えで職業を選んだつもりです。広い視野で多数の企業を見るより、本当に行きたいと思う企業に全力で向かってもらい、後悔のない就職活動をしてもらいたいと思います。そうすれば、本質を見抜く力、自分を高める力、これからなりたい姿といったものが出来上がっていくと思います。
頑張って下さい。
沖宗 裕樹 同志社大学文学部卒
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

最初は本当に何も考えていなかった。活動中に見つけていけば良いと考えていたから。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、また、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 就活サイトでみたMailで知った。他企業のMailはあまりきていなかったので取り合えずの気持ちでエントリーした。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

周囲に「三谷商事」を知る者はあまりいず、正直に言えばあやしかった。パンフ、ネットでは若い社員が多いイメージであった。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

社員の方は他企業と比べて親近感を感じる方が多かった。面接では電話が鳴ったり、ウトウトする方もいて正直良い印象はなかった。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

全部で4社しか面接を受けず、1.2次で辞める場合ばかりで、三谷商事しか選考を進めていなかった。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

選考と選考の間が開きすぎていたし、就職を決めねばならないというプレッシャーもなかったので余裕があった。

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

バッティングしなかった。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 試合前のクラブ活動中で、その瞬間はそれどころではなかった。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 選考中で自分が今行くなら三谷商事しかないと思っていた。
他の説明会、選考の中で、三谷商事が一番、新しい人材にかける気持ちが強いように感じたから。そしてそれにこたえたかったため。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ そんなに就職活動をプレッシャーに感じるべきではありません。就職できなければアウトというような焦りは持たず、余裕をもって考えるべきです。就職だけが人生と考えず、自分のことを大きな視野で見ましょう。ただ早い時期から就活は始めておいたほうが選択の幅も広がります。
市村 茂    神戸大学文学部卒 (石油事業部 東京石油部 群馬出張所)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

私は人と接する仕事につきたいという漠然とした希望を持って就職活動を始めた。しかしどのように人と接する仕事をしたいのかは就職活動中に形作られたように思う。というのも説明会を通じて、社会人の方々とお話をする中で、「社会人像」がやっと出来上がってきたからだ。そういう意味では私は遅かったと思う。そうした出会いの中で感じたのは、社外の人との意見の交換、プレゼンを通してコミュニケーションをとっていきたいというものだった。それゆえBtoB企業で営業をしたいと思うようになっていった。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、また、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 3回生の夏休み頃に友達と就職活動の話をしていて話題にのぼったことがあり、その頃から意識し始めた。就活サイトを使用しだしてから、企業としての三谷が解り、興味を持ってエントリーした。やはり福井県民として馴染みが深かったのが影響していたように思う。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

セメントNo1の商社というところから、建設系商社というイメージが強かった。社風である「出る杭は伸ばす」というキャッチコピーもそうしたイメージを強化していた。一方情報システム事業の方はあまり印象がなく、説明会で知ったという状況だった。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

社員の方々は熱意を持っており、気さくだった。給与のことなど話にくいことも丁寧に語っていただいた。このようなことはやはり社風なのかなあと感じたのを覚えている。面接の時に違うと感じたことが一点あった。それは面接官の構成である。他社では一次面接は中堅もしくは若手社員というところが多かった。しかし三谷では、中堅も若手も年に関係なく陣取られていてバランスが良いなあと感じた。一次面接では雑談という形になってしまうことが良くあるが、程よい緊張感がある面接であったと思う。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

私は当初から三谷一本だったので、他社は説明会に多少参加する程度であった。二回目の就職活動ということで、面接で「周りが見える」余裕ができていた。一本で行く不安は当然あったが、「慣れ」もあってなんとかなると思っていた。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

面接ではあまり話す内容を考えすぎないようにし、他の受験者の話を聞いていた。そうした他者を見て学んだ点は多い。説得力がある人には話し方の特徴があった。それは短文で強弱、抑揚があるということである。これは当たり前のようだが、面接という緊張度の高い場でそれができる人は非常に少ないように思う。

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

三谷しか受けていない状況だったので、バッティングはなかった。もしそうした状況になっていたら、それでもやはり三谷を受けて他社をお断りすると思う。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 最終面接での手ごたえがなかったので、率直に言って驚いた。その上、面接当日に内定をいただけたので、喜びよりも驚きの方が大きかったように思う。どのような仕事ができるのかわからないので不安もあるが期待を膨らませている。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 三谷商事は社員を大切にする会社というのが私の最終的なイメージだった。それはチャンスを与えることであったり、福利厚生であったり、色々な形で実感できたと思う。そうした社風は、社員にとって安心であり、やりがいを得られる環境となる。三谷商事の離職率が低いのもその結果だろう。このような会社をバックボーンとしたら、さまざまな働きができるだろうと思ったのが、三谷に決めた理由である。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 私は自分に合った会社を見つけ、入社するのがよい就職活動だと思う。そのためには会社も学生も自分達の言葉で自らを語らなければならない。必要なのは自らを取り繕う言葉ではなく、自らを表現する方法だと思う。就職活動的なしゃべり方や態度で内定を得ても、果たして順調に働けるだろうか?私は疑問に思う。私にとっては、ありのままの自分を受け入れ、期待をかけてくれる企業がベストだった。そして三谷商事はまさにベストだった。我々内定者はある人は無骨である人は無作法であったが、ある種の熱量をもっている。そうした熱量を見出し、評価してくれた三谷商事に感謝しているしこの会社で一生懸命働きたい。今後就職活動を始める皆さんも、早くありのままの自分を受け入れてくれる会社を見つけられることを望む。そのなかで皆さんが三谷商事に出会い、三谷商事がみなさんの「ベスト」になれたら、私としては非常に幸いである。
山下 和剛 同志社大学商学部卒 (東京支社 東京支店)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

営業志望で、多くの人と接し、多くの人と出会える仕事に就きたいと考えていました。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、また、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 福井県出身なので三谷商事のことは昔から知っていました。エントリーのきっかけはDMをみてです。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

建材部門しか知らなかったので、硬いイメージでした。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

社員の方々は気さくでいい人ばかりだと思いました。仕事は大変厳しいというイメージをうけました。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

金融業界と縁がなく、落ち込むときもありましたが、御社も含めて評価してくれる企業もあり、頑張れました。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

早い段階の面接から部長クラスの人が面接で緊張しました。しかし、人事の方が私の名前を覚えていてくれたので、大変好感がもてました。

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

御社と他社の面接が重なることはありませんでした。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ 大変うれしく思いました。最終面接、内定通知ともに誕生日の日だったので縁を感じました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 某大手就職情報会社と迷いましたが、御社のほうが自分を評価していただき、自分の力を最大限発揮できると思い、御社に決めました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 就職活動は縁です。内定がもらえなくても、落ち込まず自分を評価してくれる企業に出会うまで最後まであきらめないでください。
武安 一輝 福井県立大学経済学部卒 (中部支社 静岡支店)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

+αを考える仕事。いわれたことだけをやるのではなくて、そこに自分なりの創意工夫が求められるような仕事。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、また、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 以前から、三谷商事という名前は知っていました。12月ごろに大学で行われた企業説明会で、「出る杭は伸ばす」というキャッチフレーズに心をひかれエントリーしました。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

大きい企業なんだなぁと思いました。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

とにかくフレンドリー!説明会では、常に笑顔で接していただいて、とても話しやすく、いろいろなお話を聞かせていただきました。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

福井の有名企業ばかり受けていました。そのうち半分は次の選考に進んでいました。
三谷商事の筆記試験があまり出来ずに、落ちたと思っていました。筆記試験通過の連絡を頂いたときは、ミラクルがおきたと思いました。(ありがとうございました。)こんなミラクルが起こってくれたのだから、後は、思い切り自分を見せるだけという逆に言い開き直りができ、精一杯頑張れました。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

もともと第一志望だったので、絶対内定をもらってやる。という強い気持ちで取り組んでいました。面接では、声と笑顔だけは、誰にも負けんぞという気持ちでやっていました。

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

三谷商事が第一志望だったため、これも運命と割り切って、他社に断りの連絡をいれ、三谷商事のほうを優先しました。

Q8・ 内定通知の第1報を受けた時にまず感じたこと・感想
A8・ ほんとに?と正直、ビックリしました。友達のいたずらではないかと考えたりもしました。
Q9・ 三谷商事に決めた理由、又、他社と迷った場合はどういう点で迷ったか
A9・ 福利厚生、住宅補助などさまざまなものがありましたが、最も魅力を感じたのは、若手社員にも大きい責任のある仕事を任せてもらえるということと、「俺にやらせろ主義」の自分の企画を自分で実行できるという点で、三谷商事で弾けたいと思いました。
Q10・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも)
A10・ 就職は、自分の人生を決める大きな要素の一つであると私は考えます。そのため、本当に自分に合っているかどうかがとても大切です。自分に合っているかどうか?確かにそれは、実際に働いてみないとわかりません。しかし、企業研究をすることで、企業の表面ぐらいは、見えてくるのではないでしょうか。(三谷商事は、さまざまなチャレンジを素直に支援してくれる企業だと思います。)
これは、一般論なのですが、精一杯、うそをつかずに自分らしさを見せて、もし落ちてしまってもそれは、自分には合っていなかったということであり、気にすることはないと思います。最終的に世界にある数多くの企業の中から一社を選べばいいわけですから。そのため、恥ずかしがらずに思い切り、思ったことを主張したほうがいいのです。以上、長々とえらそうなことを言ってごめんなさい。ようは、気張らず、気楽に頑張ってほしいです。
辻 俊一郎 大阪大学工学部卒 (情報ソリューション事業部 関西支店 文教営業課 文教テクニカルソリューション課)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

最初は本当に何も考えていなかった。活動中に見つけていけば良いと考えていたから。

Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

土建屋さん

Q7・ 説明会や面接で他社とバッティングした場合はどうしましたか?
A7・

当社を最優先!!

達川 巡 達川 巡  福井大学大学院工学研究科卒 (情報ソリューション事業部 システム部 システム3課)
Q1・ 就職活動をはじめるにあたって、当初考えていた職業観、やりたい事、希望職種や夢 など
A1・

高専、大学、大学院と、ずっと情報関連の勉強をしてきたので、それ以外の職種は考えていなかったです。
その中で、漠然とソフトウェアを開発する職業がいいなと思っていました。

Q2・ 就職活動中に三谷商事をいつ頃知ったか(経緯、各種広告媒体、ネットなど)、また、エントリーしようとしたきっかけは?
A2・ 三谷商事自体は就職活動を始める前から知っていました。福井県内最大手と言っていい会社でしたので、とりあえずエントリーし、ホームページを見て、会社説明会に参加してみようと思いました。
Q3・ 最初の頃の会社の印象・イメージ(会社パンフや広告媒体、ネット、うわさなどから の)は?
A3・

情報関連事業で県内TOPといったイメージですね。当初は他の事業を行っていることは知りませんでした。

Q4・ 説明会やOB面談などで、はじめて会社の人事担当や社員とあった時、会社や社員の 印象・イメージはどうだったか、または会社説明会や面接の時の印象(特徴的なこと、他社との違いなど)
A4・

人事担当の方がとても元気で気さく、そして自信に満ち溢れているなあという印象を持ちました。おかげで説明会の雰囲気がよく質問しやすかったです。

Q5・ 就職活動初期から中盤にかけてはどんな状況でしたか(当社・他社を含めて)
A5・

いろいろな会社の説明会に参加し、SEに興味を持ち、SE職を募集している会社に絞っていきました。何か行動していなければ落ち着かず、何も予定が入っていない日には会社のHPや資料を見たり、自己分析したりしていました。

Q6・ 当社の中盤以降(面接などの選考が進んでいってからの)の印象、面接を受ける時 (受けている時)の状況、心境 などはどうでしたか?
A6・

自分の強みをどんどん出していけそうだなという印象が強まっていきました。人事の方はいつも笑顔で対応してくれ、好印象でした。最後まで集団面接だったのは驚きましたが、他の人の話を聞きながら緊張をほぐすこともでき、自分の言いたいことが言いやすい環境だったと思います。

Q7・ 就職活動を始める皆さんへの助言(一般論、三谷商事に関することなんでも) ?
A6・

就職活動は、己を知る良い機会です。自分は一体どういう人物なのか、何がやりたいのか等、過去に考えたことや、悩んだこと、そしてどういう行動したのかを良く思い出してまとめるといいと思います。 面接ではそれを思う存分ぶつけてやりましょう。 あと、就職活動は情報収集が重要です。会社はどういった人物を求めているか等を会社のHPや資料をよく読んで感じ取るといいと思います。

次のページへ
このページのトップへ
このページのトップへ
Copyright(C) 2006 MITANI CORPORATION All Rights Reserved. お問い合わせ